人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.14

30~40代男女の8割が「秋は脂肪がつきやすい」

朝夕の冷え込みに近づく冬を感じさせる11月。その一方でさんまや鮭、きのこに新米など、秋が旬の美味しい食べ物を堪能したという人も多いのではないか。思わずご飯をおかわりする回数が増えたり、秋季限定のスイーツをチェックしたりしてしまい、毎年秋の間にたくわえた「体脂肪」が気になるという人もいることだろう。

そこでアサヒ飲料では、「秋」はどの程度体脂肪のつきやすい季節なのか、30~40代で“体脂肪が気になっている”と回答した男女500名を対象に調査を実施した。



はじめに、秋は他の季節と比較し、「体脂肪」がつきやすい季節だと思うかきくと、80%が「はい」と回答した。その理由を聞くと「美味しいものが多い季節で、体のラインが見えにくい服装になるので気にせずに食べてしまう」(38歳・女性)、「寒くなり運動が億劫になっている」(32歳・男性)など様々のようだ。
 秋に脂肪がつきやすくなる理由として、食習慣や運動する習慣、ファッションの変化も考えられる。そこで「秋の変化」全体についてきくと、「美味しい旬の食べ物が増えると思う」(94%)と答えた人が多数を占め、「寒くなり、運動するのが億劫だと思う」(74%)、「服で体型を隠せるようになると思う」(69%)と考える人を上回る結果に。
秋の「体脂肪のつきやすさ」は食習慣の変化に関わっていることが推察できる結果になった。


そこで、次に秋の食習慣の変化を深堀りした。まず、秋の食習慣として行なっていることを挙げてもらうと、1位に「さんまや鮭など、脂ののった旬の魚を食べる機会が増える」(57%)、2位に「秋季限定のスイーツを購入する機会が増える」(45%)、3位に「栗ご飯など炊きこみご飯を食べる機会が増える」(44%)という結果に。体脂肪がつきそうな、脂や糖質の多い食べ物を摂る機会が増えるという人が多いようだ。

さらに、5人に1人は「ご飯の『おかわり』が増える」(20%)と回答。新米の美味しい秋は、「おかわり」率が上がるという人もいるようだ。そんな秋に、「つい食べ過ぎてしまった」と後悔した経験がある人は9割にも上る(90%)。


では、“食べ過ぎ要注意”の季節である秋に、体脂肪対策を行っている人はどの程度いるのか。「秋に『体脂肪対策』を行なった経験」をきくと、「経験あり」と回答した人は約半数(47%)となった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。