人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.14

旅の新しいカタチ「シェアトラベル」で佐賀のロングライフデザインを探訪

ロングライフデザインの視点で、長く続くものを取り上げる旅、「シェアトラベルSAGA」。その概要や4つのテーマを持ったプランは解説したので、今回はツアーの基本となっている『佐賀のロングライフデザイン定番旅』の実際のコースに沿って、旅の内容を紹介していこう。

【1日目】

出発は7時25分羽田発のANA便を利用する。九州佐賀国際空港への到着は9時20分の約2時間の空路だ。到着すると、「d design travel」のフラッグを持ったワゴンタクシーのドライバーが迎えてくれた。

タクシーに乗り込むと、まずは一路、地元の人々から60年以上も愛されている『井手ちゃんぽん』へ向かう。道程は、面積約700平方km、実に佐賀県の総面積の3分の1を占める佐賀平野の中。タクシーの車窓には稲田や畑が延々と続き、その広さを実感させてくれる。


佐賀空港ではタクシーのドライバーがフラッグを持って出迎えてくれる。

SPOT1:「井手ちゃんぽん」

道が空いていれば、1時間弱も走れば1日目の昼食の場所、『井手ちゃんぽん』へ到着だ。カウンター席からは厨房が見渡せるが、調理をする職人たちの手際の良さが際立つ。まさに、職人技という言葉にふさわしい動作で注文された料理を仕上げていく。


味は濃厚だが、決してしつこくないので、野菜大盛りにしても軽く食べられる。

そして、「お待ちどうさま!」の威勢の良い声とともに目の前に料理が運ばれてくる。メニューはちゃんぽん以外もある。もちろん好きなものを自費で頼んでいいが、ここは名物であり、店名にもなっているちゃんぽんを食べておかない手はない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ