人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.14

4時間のデスクワークで1.5kmのウォーキング相当の動きをするコクヨのオフィスチェア『ing』

昨今、“座りすぎ大国”日本という言葉でニュースでも取り上げられているように、日本人成人の平日の総座位時間の中央値は1日7時間もあり、世界の主要20か国との比較で“日本人の座位時間が最も長い”という調査結果が公表された。さらに“長時間の着座で健康リスクが高まる”という調査データも存在し、海外では既に深刻な社会問題になっている。
そんな中、コクヨから、“座るを解放する”というコンセプトから生まれたイノベーティブなイス『ing(イング)』が発売された。ラインアップと価格は、「ラテラルタイプ ブラックシェル」8万8000円~、「バーチカルタイプ ブラックシェル」8万8000円〜、「ヘッドレスト付タイプ ブラックシェル」10万8000円~。

ing

コクヨは“座るを解放する”というコンセプトのもと、『ing』を開発。『ing』は、座っている状態でも体の動きを止めない、イノベーティブなイスだ。
 その最大の機能は、体の微細な動きに合わせて360度自由に揺れる「グライディング・メカ」の搭載だ。前傾や後傾、左右や斜めのひねりまで追随し、座面が自然にスイングする。
 シリコンバレーにある様々なIT企業では「ウォーキング会議」が取り入れられていますが、『ing』は座りながら運動できることで、心地よいリズムが生まれ、実験では心身に良い影響があるという結果が出ている。例えば、『ing』に座って揺れながら4時間のデスクワークで約1.5kmのウォーキングに相当する運動となる効果があることや、創造的で有用なアイデアの発想数が13%アップするなど、体や脳に良い影響があるという。

ing

360度自由に動くグライディング・メカは、2層のメカの組み合わせによって、前傾や後傾、左右や斜めのひねりまで、人の体の微細な動きに合わせて追随(特許申請中)。バネを使用しない重力メカは、“バランスボールのように動き始めの負荷がない”ため、体を動かしやすくするとともに、動いた後には“ブランコのような揺り戻しがある”ため、安心して揺らすことができる。このように座面がスイングすることで心地よいリズムが生まれ、“体と脳を活性化”する。と同社では説明している。

ing

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ