人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.14

ヤマハがフロント2輪の新型3輪バイク『NIKEN』をEICMAに出展

ヤマハ発動機は、847cm3水冷・直列3気筒エンジンを搭載するロードスポーツのLMW(Leaning Multi Wheel)の新製品『NIKEN(ナイケン)』を11月9日からイタリア・ミラノで開催される「EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)」にて展示すると発表した。なお『NIKEN』は2018年に市場投入される予定だ。

NIKEN

『NIKEN』では、スポーティな旋回性と安定感を両立させるため、「TRICITY」で実績があるLMWテクノロジーを進化させた新ステアリング機構を採用。これにより、「LMWアッカーマンジオメトリ」と呼ばれる新しい構造で自然な操舵感、リーン特性、タイヤ摩耗低減効果をもたらしている。さらに45度の余裕のバンク角、外側片持ちフロントサスペンション(倒立式/片側2本)、410mmトレッド設定、2 軸ステアリング機構などをバランスさせ高いパフォーマンスを実現した。
 なお“LMWテクノロジー”とは、パラレログラムリンクを用いたサスペンションと操舵機構のことで、軽快感と安定感の両立に貢献する技術を指す。

フレームには各部の強度・剛性・しなりの要求に応じ、工法と材質を使い分けたハイブリッド・フレームを採用し、優れたハンドリングを実現。リアアームはアルミ鋳造+パネル溶接とし、優れた剛性・強度バランスを保つ。
 また、軸間距離からリアアーム長まで、細部の諸元の最適設計を実施。リアアーム長は552mm(「MT-09」比 15mm延長)で、ピボットとの関係のバランスをとり加減速にともなうリアアームの対地上角変位を最適化、旋回時の優れた安定感に寄与する。

NIKEN

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ