人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビジネスシューズが蘇るシューリペアショップのスゴ技

2017.11.13

“人は見た目が7割”を占める、なんていう言葉(メラビアンの法則)があるように、毎日着てシワだらけになったスーツはもちろん、ガンガン履いて型崩れしてしまっている靴を履いた営業マンからは、悲哀すら感じてしまうもの。そこで今日は特におろそかになりがちな“シューズ”に絞って、シューリペアショップの達人のアドバイスも交えながら靴との付き合い方を考えていこう。

■ウェルトに被害が及ぶ前に直そう

 初めてのビジネスシューズだから、と作りの良いグッドイヤーウェルテッド製法を選ぶ方もいらっしゃるのではないだろうか。確かに美しいフォルムとレザーソールを持った靴は、最初の靴選びとしては正しいかもしれない。

 しかしレザーソールの靴をそのまま履くと、アスファルトにレザーが負けて傷だらけなる可能性が高い。その後に、接地することが多いつま先部分が削れ、靴のウェルトと言われる部分まで削れてきてしまう。

「ウェルトを傷めることは靴にとって良くない」と、シューズリペアショップ「BRASS shoerepair & products」の 松浦氏は話す。そもそもウェルトをベースにアウトソールが交換可能になっているため、ウェルトにダメージがあると複雑な修理が必要になるためだ。

ビジネスシューズが見違えるほど蘇るシューリペアショップのスゴ技

(奥から)レザーソールの交換前と交換後の靴。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。