人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.13

次にくる技術トレンドは〝放っておいても自己修復する力〟

次に来る技術トレンドは放っておいても勝手に治る“自己治癒力”

 生物が持つひとつの特色に“自己治癒力”がある。スマホなどの便利なガジェットも、破損してしまえば修理に出すなり買い換えたりしなければならないのが物質であることの哀しい宿命だが実は今、物質が自らの力で“自己修復”できるようになる研究が各方面で行なわれているのだ。

■切断されても大丈夫な“磁気インク”ケーブル

 この10月、埼玉県の電力施設で送電線のケーブルが燃える火災が起き、電車の運行が止まる事故が起きた。また今月初旬にはJR高崎線の駅で信号通信ケーブルが損傷し、長時間の運転見合わせを余儀なくされた。

 特に送電線のケースでは施設の老朽化が指摘されることになったが、もしケーブルに“自己修復”機能があったらこのような事故はきわめて起り難くなるだろう。奇しくもこうした中、カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームが先頃「自己修復するインク」を開発したことを学術誌「Science Advances」で発表している。

次に来る技術トレンドは放っておいても勝手に治る“自己治癒力”
The Verge」より

 同校ナノテクノロジー工学の研究チームは、磁石の原材料に使われているネオジムをマイクロ粒子のレベルにまで微細に砕いてインクにした。この磁気を帯びたインク、いうなれば“磁気インク”を配合した素材で電気回路を作成したのだ。

 将来、衣服に組み込む“ウェアラブルデバイス”がますます普及すると考えられているが、この電気回路もまた衣服にプリントすることを想定している。当然衣服は着脱の際や、運動の際に伸縮を余儀なくされるが、その時に回路や機器がダメージを受ける可能性は拭い去れない。また脱いだ服を意図せずとも乱暴に取り扱ってしまうケースもあるだろう。

 今回開発された“磁気インク”はそのような将来を見越して、もしもダメージを受けて切断されても“自己修復”する能力を持っているのだ。

「衣服に“プリント”する電子技術として、我々は人間の皮膚と同じように伸縮し、怪我からも自然治癒できる能力を与えたいと思いました」と、研究チームの一員であるアメ・バンドカール氏は「New York Times」の取材に応えている。

 研究チームが公開した動画では、シャツの袖に貼られたこの“磁気インク”の回路を布ごとハサミで切断した後、LEDライトを再び点灯させるまでに自然に回復する様子が描写されている。ウェアラブルの用途のみならず、この素材を使って作られた通信ケーブルならトラブルが起っても電車の運行への被害は最小限に抑えられそうである。

次に来る技術トレンドは放っておいても勝手に治る“自己治癒力”

◎動画はコチラ

 今の時代、磁石は100円ショップなどでも気軽に購入できることからもわかるように、きわめて低コストで生産できることもこの“磁気インク”の有望な点だ。したがって、身の回りのさまざまな日用品に適応できる可能性が膨らんでいるのだ。実用化が待ち遠しい技術のひとつである。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。