人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.13

男らしいマッチョと中性的な顔の男性、どっちがモテる?

男らしいマッチョと“女顔”の男性のどちらがモテる?実は複雑な“魅力”のジャッジメント

 少女マンガに登場する男性や、女性に人気の男性アイドルグループのメンバーなどはおしなべて“女顔”である。女性は女性的な特徴を多く持った男性を好む傾向があるのだろうか?

■なぜ“女顔”の男性が好まれるのか

 もちろん例外はあるものの、女性に人気の男性アイドルといえばおおむね女性っぽさを兼ね備えたキレイな顔立ちのビジュアルだ。この“女顔”の男性が好まれる傾向はもちろん海外の女性にも見られ“ジョニー・デップ効果”とも呼ばれている。

 しかし現実の生活の中においては、必ずしも“女顔”の男性が特別モテているわけでないようにも思えるがいかがだろうか。そこでニュージーランド・オタゴ大学と米・カリフォルニア大学サンディエゴ校の合同研究チームは、顔の好みに関する実験を行なっている。

 実験は学生81人(男子33人、女子48人)に110種類もの顔写真を見せて、そのひとつひとつについて魅力の度合いを評価してもらった。用意された顔写真の大半は、白人の男性と女性の顔をCG合成したもので、写真によって男性寄りの顔だったり、まったく“中性”だったり、あるいは女性寄りの顔だったりとさまざまな写真が評価の対象になった。

男らしいマッチョと“女顔”の男性のどちらがモテる?実は複雑な“魅力”のジャッジメント
University of Otago」より

 実験の結果、ある意味では予想通りというべきか、男性でも女性でも性差がはっきりと分かる顔のほうがより魅力的に感じられていることがわかった。やはり一般的には男らしい男性が好かれ、女らしい女性が好まれるということで、“中性”的な顔は魅力が低いと評価されたのだ。研究チームの説明によれば、ひと目で性別が判別できない顔にはネガティブな印象を抱きやすくなり、そのため低評価に繋がる傾向があるという。ではなぜ、少女マンガの登場人物や男性アイドルが“女顔”なのか?

 その答えは続いて行なわれた実験にあるようだ。次は白人の男女の要素の他に、アジア人の男女という要素も加えて、CGで幾通りもの合成顔写真を作成し、実験参加者に魅力を評価してもらった。当然ながら、白人男女のケースよりもバラエティに富んだ写真が作成されたのだが、興味深いことに“中性”的な顔を低く評価する傾向が見られなくなったという。つまりこのケースでは男性の“女顔”もそれなりに好まれるようになったのだ。

 これは男女についての“文化的固定観念”が、人種の要素が加わることで“文脈”が変化したためだと研究チームは説明している。つまり現実の世界では、文化的価値観に則った男らしい男性が高く評価されるのだが、例えば“少女マンガ”という現実ではないファンタジー世界へと“文脈”が変ることで、“女顔”の男性も好まれるということになる。

 時代によっても好かれる顔のタイプが違ってくることはご存知の通りだが、環境の変化でも我々の好みは意外に簡単に変るものであったのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。