人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

リニア中央新幹線で完成する「スーパーメガリージョン構想」とは?

2017.11.13

東京・名古屋・大阪のゴールデンルートを結ぶリニア中央新幹線。来るべき開業によって3大都市はどのように変化していくのか。誰も経験したことのない未来図を大胆にも予測してみた。

リニア中央新幹線

3大都市がひとつに結ばれ、世界一の巨大都市になる

 日本の未来図を象徴する〝次世代超特急”リニア中央新幹線(以下=リニア)。昨年12月に南アルプストンネル山梨工区で本格的な土木工事に着手した。開通すれば、東京・大阪間が、日々の通勤時間とさほど変わらない約1時間で結ばれることになる。リニアの開業によって、日本はどう変わっていくのか。予測される未来図を、野村総合研究所・上級コンサルタントの秋月將太郎さんに伺った。

「東京・名古屋・大阪間の移動に伴う時間的な利便性は、私たちがかつて経験したことのないレベルにまで向上します。その結果、日本を代表する3つの大都市が、リニアを軸にひとつの大都市として、周辺地域を巻き込みながら機能していく〝メガリージョン”というコンセプトによって結ばれることになります」

 メガリージョンは、すでにボストンからワシントンDCに連なる圏域や、金融などの都市機能を中心に一体化する香港やシンガポールが注目されている。

 日本の大都市圏も、そのひとつにとらえられてきたが、リニア開通により、これほどアクセスが良く、移動が1時間圏内という集合は世界に類を見ない。まさにスーパーメガリージョンと呼ぶにふさわしいという。

「3都市を合わせると人口は約6000万?7000万人。フランスやイタリアなど、欧州の先進国1か国分に相当する経済規模や人口を持つエリアが、1時間圏内に入ることになり、スーパーメガリージョンとしては、世界最大級となります。3都市が同じ地域になることが刺激となり、いい意味での競争も生まれていきます。それぞれが特色を生かした都市づくりを深掘りすることで、3都市の周辺地域も活性化していくと考えています」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。