人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.13

家でバーテンダー気分が楽しめる煎茶ジンキット『茶饗』

シャープの社内ベンチャー「テキオンラボ」で開発された保冷バッグと、静岡県牧之原市で100年以上茶農園を営むカネ十農園の茶葉がコラボして出来上がったキット『茶饗-SAKYO-』。このキットで作る煎茶カクテルを試飲してきたので、その作り方やおいしさの理由などを紹介します。

■氷点下の煎茶カクテルがおいしい理由

お茶はお湯の温度や時間によってうまみや苦みのバランスが変わります。お茶から出てくるカフェインは苦み、カテキンは渋み、テアニンはうまみを感じさせてくれますが、これらのバランスがいいとおいしく感じやすくなります。

シャープの蓄冷材料を使った保冷バッグは、周囲の温度が23℃前後の場合、氷点下の温度帯で1時間~1時間半程度保つことができます。この保冷バッグを使うことで、アミノ酸やテアニンなどの成分がバランスよく抽出された状態で飲むことができます。氷点下の温度を保ち、茶葉からうまみ成分のアミノ酸が抽出され続け、温度変化による酸化も防ぐことができます。

保冷バッグに使われているのは、-24℃~28℃の温度領域の特定の温度で蓄冷することができる蓄冷材料で、“-2℃の日本酒『冬単衣』”の販売時にも、この保冷バッグが使用されていました。

https://dime.jp/genre/372860/

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ