人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビジネスパーソン1000人に聞いた最近3か月の仕事帰りの外飲み事情

2017.11.13

11月16日はボジョレー・ヌーボーの解禁日。毎年この時期が近づいてくると酒屋やスーパーなどの売場はもちろん、レストランやテーマパークなど各所でそれに乗じたイベント情報があふれ、大いに盛り上がる。最近では仲間と一緒にボジョレー・ヌーボー解禁を祝う「ボジョパ」と呼ばれるパーティーなども話題となっているが、昨今の飲酒を取り巻く動向としては「若年層の飲み会離れ」や「一人飲み」「家飲み」の増加など、飲酒にやや消極的な印象も見受けられる。では、実際のところビジネスパーソンはどのくらいの頻度で、また誰とどのようにお酒を楽しんでいるのだろうか。インテージは、外飲み事情の実態を探るべく、20~50代の男女1092人を対象に意識調査を実施した。

■外飲みは男性40代と女性20代が積極姿勢に!外飲み頻度「週1日以上」が15%超

まずは全について聞いた。全体では、近く6割の人が最近3ヵ月以内に仕事帰りの外飲みをしたと回答、残りの4割は最近3ヵ月に一度も飲み会に行っていないことが判明した。また頻度を見てみると、「ほとんど毎日」~「週1日くらい」と回答した人の合計が12.7%で、ビジネスパーソンの1割強は毎週何かしらの飲み会に行っていることがわかる。

 

性年代別では、「週1日以上」の割合は女性に比べて男性で高い傾向があり、男性では特に40代が高くなっている。男性に比べると頻度の低い女性だが、20代とそれ以外の年代で差が大きく、「週1日以上」の割合は20代で16%と高いのに対し、30代以降では6%前後にとどまっている。また、女性30代では「行っていない」と回答した人の割合が半数を占め、業務量の増加、育児や家事といったプライベートでも多忙を極めていることが要因になっている様子も垣間見える。一方で、女性40代では、「1ヵ月に1回くらい」と回答した人の割合が22.0%と高くなっている。40代は30代に引き続き育児や家事などで若干時間はとられるものの、子供の成長に伴い、多少なりとも“外飲み”の時間を捻出できるようになり、若年層ほど高頻度ではないものの、たまの外飲みを楽しんでいるのかもしれない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。