人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

吉岡里帆の癒やされ系パッケージに期待しすぎた『どん兵衛』への恨み節

2017.11.13

■連載/大山即席斎の“三ツ星”インスタント麺

今年の夏から始まった日清どん兵衛のCMが話題だ。

これまでもどん兵衛はヒットCMを多数送り出してきたという歴史がある。初代の山城新伍と川谷拓三のコンビが演じたCMは名作としてCM特集などでたびたび取り上げられている。21世紀になってからは10年以上に渡って担当した中居くんがずっとやっていたというイメージが強い。その後、佐藤健と加山雄三の黒沢映画風なシリーズが始まり、長期シリーズ化するかと思って楽しんでいたのだが、2年弱で新シリーズの登場となった。

今回のシリーズは平凡な青年(星野源)がどん兵衛を食べていたら、目の前にきつねの耳をはやした「どんぎつね(吉岡里帆)」が登場し、居候になるという設定だ。

このような設定の物語は「居候もの」として、マンガやアニメでは「オバケのQ太郎」や「ドラえもん」の頃から定番中の定番となっている。

美少女が居候となるものとしては「うる星やつら」がパイオニアといえる。

女好きのダメ人間である諸星あたるのところに居候するのは、地球を侵略しにきた異星人のラムちゃん。トラ柄のビキニを着用した彼女に日本中の青年が悩殺されたものだ。

さらに、猫や狼などケモノ耳を持った美少女の居候キャラが登場する作品がマンガ・アニメ・ラノベ等で頻繁に登場することとなる。「我が家のお稲荷さま。」のようにきつね耳キャラの作品もある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。