人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.13

覚えておきたい乳がんのセルフチェックの方法とタイミング

乳がんは、日本人女性の12人に1人がかかると言われている。最近では著名人の闘病報道などで耳にする機会も増え、身近な病気と感じている人も多いと思われる。がんの中でも早期発見・治療で治る確率が非常に高いと言われているが、国内の検診受診率はまだまだ低いのが現状だ。

エムティーアイが運営する、女性のカラダとココロの健康情報サイト『ルナルナ』が定期的にサイト内で行なっている様々な意識調査で昨年、「乳がんと検診について」について調査。実際に乳がん検診を受けたことのある人とない人に、検診の実態や検診に対する考え方など、生の声を聞いてみた。

「乳がんと検診について」について調査

■今や「何も知らない」は少数派、約6割が「若くてもなる」乳がんに危機感!

Q.1『乳がん』と聞いてイメージすることは何ですか?(複数回答)
まず始めに、乳がんについてどんなイメージを持っているか質問。全体で見ると、「若くてもなる」が59.7%で一番多く、若い世代でも危機感を持っている人が多いことがわかった。

「乳がんと検診について」について調査

年代別では、30代後半を境に結果が分かれた。30代前半までは「漠然と怖い」や「若くてもなる」という印象を持っている人が多いのに対して、30代後半以上になると「自己検診・定期健診が早期発見に繋がる」といった、具体的な内容が上位に。より身近な病気として捉えているようである。反対に、「30歳から気にすればよい」と考えている人は全体の2.3%、「何も知らない」は3.5%と低い。年代によってイメージの違いはあるものの、乳がんに対する回答者の意識の高さがうかがえる結果となった。

■30代以上では約8割が乳がんについて「不安」と回答!

Q.2乳がんを意識したり不安になったりすることはありますか?
続いて、乳がんを意識したり不安になることがあるかを聞いたところ、全体の65.1%の人が、「ある」と回答した。年代別に見ると、乳がんの患者数が増加し始める30代~50代では約8割の人が「不安になったことがある」と回答。女性にとっては、年齢が上がるにつれて意識せざるを得ない疾患のひとつと言える。

「乳がんと検診について」について調査

では、これほど強い関心が持たれている乳がんに対して、回答者たちはどのような対策を行なっているのだろうか。ここからは「検診」に着目して質問してみた。

■6割以上はセルフチェック(自己検診)未経験!方法を覚えて定期的に実施を

Q.3乳がんのセルフチェックをしたことがありますか?
まず、セルフチェックについて質問。セルフチェックをしたことが「ある」は35.3%、「ない」「やり方がわからない」を合わせた6割以上(64.7%)の人が、実施したことがないという結果になった。

「乳がんと検診について」について調査

セルフチェックは普段からこまめに行なうことで、異変にも気づきやすく早期発見にもつながる。「病院での検診はまだ早いかな…」と考えている若い世代でも、今日から簡単に始められるので、方法を覚えて定期的に実施する習慣をつけたほうがいいだろう。セルフチェックは、月経が終わって4~5日経った頃に行なうのがよい。また、閉経後の人は毎月、日を決めて行なったほうがいい。具体的なやり方は次の通り。

1.鏡の前で…
両腕の力を抜いて自然に下げ、左右の乳房の大きさや形に違いがないか、どこかにへこみやひきつれがないか、乳首がへこんだりただれたりしていないかを調べる。両腕を上げた状態でも同様に調べよう。

2.あおむけになって…
折ったタオルか枕を背中の下にいれ、左手を上にあげて頭の下に置く。右手の指をのばしてそろえ、左の乳房の乳首から胸の中央部に向かって柔らかくすべらせるようにしてしこりの有無を調べる。上から下までまんべんなく行なおう。

3.あおむけになったまま…
次に、左腕を自然な位置に下げて、乳房の外側の部分をわき側から内側に向かって指をすべらせて調べる。右乳房も同様に行なう。

4.起き上がって…
右手の指をのばしてそろえ、左のわきの下にいれてしこり(リンパ節の腫れ)の有無を調べる。右のわきの下も同様に行ない、最後に左右の乳首を軽くつまんで、血液の混じった分泌物が出ないかどうかを見る。

「乳がんと検診について」について調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ