人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

睡眠時間が世界一短い日本人に必要な〝睡眠負債〟解消のための5か条

2017.11.13

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

 慢性的な睡眠不足を指す「睡眠負債」。日本人の睡眠時間は世界で一番短く、背景には長時間労働、夜の会合、長時間の会議、上司が帰らないと帰りにくいというさまざまな要因があり、結果的に睡眠が犠牲になっている。睡眠時間6時間未満が平成20年には3割ほどだったが、この10年の間に4割まで高まってきた。睡眠負債がたまるとうつ病の発生、がんの発症率を高めたり、認知症の予備軍となるという研究結果が出ている。

 睡眠負債による影響や対処法など「脱・睡眠負債」を考えるセミナーが日経新聞社主催、エアウィーヴグループの協賛で開催された。医師・医学博士でスタンフォード大学教授の西野 精治氏の基調講演、フィギュアスケーターの浅田 真央さん、エアウィーヴ会長兼社長の高岡 本州氏らが出席したパネルディスカッションなどセミナーの様子をリポートする。

◆知らないうちに蓄積されていく「睡眠負債」が与える影響とは

 スタンフォード大学医学部教授で2005年より同大学の睡眠・生体リズム研究所所長を務める西野氏は、概日レベルや睡眠、覚醒調整に関わるメカニズムを、分子、遺伝子レベルから個体レベルまで幅広い視点から解明を行っている。

 睡眠障害も米国と日本では違いがあり、日本人の特徴として睡眠時間が短い「睡眠不足」、睡眠時間は取っているが満足感がない「主観的睡眠不足感」が多い。実際の睡眠時間と理想の睡眠時間の差が大きいのが現代日本人の実情で、夜10時台に就寝する人は、60年代は7割程度だったのに対し現在では2割程度で、どんどん眠らない社会になっている。

 睡眠は脳と体に休息を与え、記憶を整理して定着させる、ホルモンバランスを調整する、免疫力を上げて病気を遠ざける、脳の老廃物を取り除くといった役割を果たしている。睡眠はノンレム睡眠とレム睡眠が繰り返されるが、慢性的な睡眠不足だと、最初にやってくる一番深い睡眠時に分泌される成長ホルモンへの影響、感染症リスクの上昇、認知症、精神疾患の原因などを引き起こす要因になる。

 アメリカで2002年に約100万人を対象に行った調査では、平均睡眠時間に近い7時間寝ている人の6年以内の死亡率が一番低く、短時間も長時間も死亡率が高くなっている。特に女性の短時間睡眠の場合、肥満度が高いことがわかった。2013年の睡眠障害とがんの発症の調査をみると、重症では睡眠障害がある人は、ない人の3倍近くのリスクがあると報告されている。不眠があるとうつ病、不安障害といった精神疾患のリスクも高まることが判明した。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。