人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

この美しさは一見の価値あり!夕日が見える宿ランキングTOP5

2017.11.11

美しい夕日が見られるスポットは各地に点在しているが、島根県立美術館もそのひとつ。同美術館の3月から9月までの閉館時間は「日没後30分」となっており、これはロビーから宍道湖に沈む夕日を鑑賞するため。この期間は、日没時間の年間予測をもとに毎日の閉館時間は1分単位で設定され、ホームページ上で公開されている。ちなみに10月から翌年2月までは定時の18:30閉館となる。

そんな夕日に関して旅行予約サービス「楽天トラベル」 から、「2017年 夕日が見える宿ランキング」が発表された。これは「夕日」、「夕陽」、「夕焼」、「サンセット」のキーワードを含む宿泊プランについて、年間の2名以上利用の宿泊人泊数(=宿泊人数×泊数)を算出したもので、1位は沖縄県の「カフーリゾートフチャク コンド・ホテル」が獲得。このほか沖縄県と静岡県の宿泊施設がトップ5を占めた。

1位 沖縄県「カフーリゾートフチャク コンド・ホテル」のレストランからの夕景

1位を獲得した沖縄県の「カフーリゾートフチャク コンド・ホテル」は、沖縄の西海岸・恩納村に位置する全室オーシャンビューの宿泊施設だ。建物の目前に海が広がり、全客室に付いているバルコニー、最上階のインフィニティプール、4か所あるレストランなど、館内のさまざまな場所から海に沈む美しい夕日が眺められる。宿泊客からは、「夕日を見ながらバルコニーでゆっくりお酒を堪能。至福のひとときを過ごせました」、「焼き肉ディナーを楽しみながら東シナ海に沈む夕日がとてもきれいでした」といった感想が寄せられている。


2位 沖縄県「沖縄残波岬ロイヤルホテル」と沈む夕日

2位の沖縄県「沖縄残波岬ロイヤルホテル」は、沖縄本島で夕日が最後に沈む場所としても知られる絶景スポット、残波岬そばに位置するリゾートホテルだ。13階のレストランやバーは窓が大きく開放感あふれる造りで、夕日を眺めながら、沖縄の食材を使ったフランス料理のコースやカクテルを味わうことができる。また、宿泊施設から徒歩約5分の残波ビーチでも、沈んでいく夕日を見ながら散策も楽しめる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。