人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.11

若手会社員が自由にできるアフター5の時間、6割が「2時間以内」

 昨年7月から、勤務時間を朝型に変えて夕方の時間帯を有意義に過ごしてもらおうという政府の取り組み「ゆう活」が、国家公務員を対象に始まった。同様の動きは一部の企業でも広がっており、勤務時間を朝型へシフトしてもらおうと早朝出勤者向けに朝食を用意するなどの取り組みが見受けられるようになってきた。このような朝早めの時間から働いて、夕方の時間を活用しようという動きについて、ビジネスパーソンはどのように感じているのだろうか。婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェントが以前、「ゆう活・未婚の社会人の自由時間」に関するアンケート調査を実施したところ、若手社会人が自由にできるアフター5の時間について、約6割が「2時間以内」という結果になった。

◆ゆう活のような朝型勤務推奨の制度、「導入された」「検討中」はまだ15%

「ゆう活・未婚の社会人の自由時間」に関するアンケート調査

 まず、朝型勤務推奨の取り組みが「導入された」か「導入検討されている」組織・企業に勤めている人は15.0%で、特に、ゆう活が始まったことを機に「導入された」か「導入検討されている」ようになったのは8.0%だった。一方、71.0%が「そのような動きはない」と回答。ゆう活のような取り組みの影響を受けている人は、まだ一部にとどまっていることが分かった。

◆朝型勤務の経験者ほど、ゆう活に賛成。76.5%が支持

 それでは、ゆう活のような朝型勤務推奨の動きがあることについては、賛成派と反対派、どちらのほうが多いのか。尋ねてみたところ、「賛成」「どちらかといえば賛成」の賛成派は44.0%だった。「反対」「どちらかといえば反対」という反対派の15.5%を上回っている。さらに、勤務先で朝型勤務推奨の取り組みが導入された回答者に絞って結果を見ると、サンプル数は少ないものの、賛成派は76%に達し、反対派はわずか6%にとどまった。

「ゆう活・未婚の社会人の自由時間」に関するアンケート調査

 ゆう活のような取り組みに対しては、「早朝から出勤しても夜間の残業時間は減らず、疲れが増すだけ」といった懸念の声もあがってきているようだが、実践してみた人たちの間では評価する声が多いようだ。

 また、朝型勤務推奨の制度が既に導入されている回答者に自由回答形式で朝型勤務の利点・欠点について意見を求めてみたところ、「時間を有効に活用することができる」「働きやすい」「理想的である」といった全面的に賛成する意見、「利点は家族や自分の時間が取れること、欠点は給料が下がること」「早く帰れて電車がすいているが、早起きがきつい」といった一長一短をあげる意見、「朝食提供の制度が始まったが、適用になるには、朝早く出社することと、就業後の時間外を確実に行うこととあるので、制度を利用できない」といった課題をあげる意見などが集まった。

◆業務終了後に自由に使える時間、「2時間」以内が58.5%

 政府がゆう活によって増やそうとしている平日就業後の自由時間。果たして現状で、若手社会人は自由になる時間をどれくらい持っているのか。その点について調べてみたところ、「1時間未満」(20.0%)、「1時間」(13.5%)、「2時間」(25.0%)となり、「2時間」以内が58.5%となっている。

「ゆう活・未婚の社会人の自由時間」に関するアンケート調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。