人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

旅好きが選んだ「日本の城ランキング」TOP20

2017.11.11

現在、日本国内で訪ねることができる城は200余りといわれており、そのうち国宝に指定されているのは姫路城、松本城、犬山城、彦根城、松江城になる。

世界最大の旅行サイト「TripAdvisor」の日本法人であるトリップアドバイザーは、過去1年間にトリップアドバイザー上に投稿された全ての口コミをもとに、「旅好きが選ぶ!日本の城ランキング2017」を発表した。壮大な天守閣が存在する城だけではなく、防御機能や敵を威圧するための石垣や、櫓が残る城跡など、今年は14の城と6の城跡が「日本の城ランキング」トップ20に選出。初心者から上級者まで、城巡りをする際に参考になるランキングとなっている。

姫路城

ランキングでは、昨年に引き続き『姫路城』(兵庫県姫路市)が1位に、『松本城』(長野県松本市)が2位という結果になった。3位は、2016年の6位から順位を上げ、『松山城』(愛媛県松山市)が選ばれた。ランキング初登場となったのは、豊臣秀吉の朝鮮出兵の拠点になった『名護屋城跡』(佐賀県唐津市)、2004年に木造の天守が復元した『大洲城』(愛媛県大洲市)、滝廉太郎の「荒城の月」のイメージになったといわれる『岡城阯』(大分県竹田市)だった。

都道府県別に見ると、昨年は愛媛県からのランクインは『松山城』のみだったが、今年は『大洲城』と『宇和島城』もランクインした。
昨年4月の熊本地震の影響で被害を受け、現在復旧作業中の『熊本城』(熊本県熊本市)は、今年は9位に。「補修や工事はしていますが、それでも実際に見ると立派でした。もちろん、お城の中には入れませんが堀の周囲までは歩いて行けます。そばに加藤神社がありますが、そこから天守閣がいちばん良く見えますのでオススメスポットです。ごくわずかな石垣だけで踏ん張っている所も残っています。思わず石垣を積みに行きたくなりました。復旧には長い時間がかかるそうですが少しでも早い復旧を祈っています。早く元の雄姿が観たい。」などと、復興を願う多くの応援口コミが多数寄せられている。今しか見られない再建中の姿を見ておくべきだという声も多く見られた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。