人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

多彩なジャンルと個性派モデルが揃う250ccバイク12モデル

2017.11.11

■ストリート

 空冷単気筒エンジンにシングルクレードルなどのオーソドックスなフレーム、そして軽快な外装を持つストリートモデルは、かつて大ブームを巻き起こしたジャンル。オートバイらしいシンプルなフォルムには、いまもファンが多い。

10 街中が似合う軽快なスタイル!


SUZUKI Grass Tracker BIGBOY
46万3320円

ツーリング   ★★★
ワインディング ★★★
タウンユース  ★★★★★

グラストラッカーをベースにフロント19・リア18インチホイールを採用。ストリートバイクブームを黎明期から支えた1台で、カスタムのベースとしても人気がある。

■150ccスクーター

 フルサイズのビッグスクーターに変わってラインナップを増やしているのが、150cc前後の排気量を持つミドルサイズのスクーター。125cc並のコンパクトボディながらも、高速道路に乗れる利便性の高さによって急速に支持を高めているのだ。

11 余裕ある走りで通勤も快適!


YAMAHA NMAX155
37万8000円

ツーリング   ★★★★
ワインディング ★★★
タウンユース  ★★★★★

125ccスクーター・NMAXとほぼ共通の車体に155ccエンジンを搭載。余裕のある走りはツーリングはもちろんのこと、毎日の通勤にも最適。都市高速ならば、交通の流れをリードすることだって可能だ!

12 抜群の安定感とパワフルエンジンの組み合わせ!


YAMAHA TRICITY155 ABS
45万3600円

ツーリング   ★★★★
ワインディング ★★★
タウンユース  ★★★★★

ヤマハ独自のフロント2輪機構「LMWテクノロジー」は横風や濡れた路面に強く、制動安定性も高い。抜群の安定感と見た目のインパクトは、まさに新時代のスクーターと呼ぶにふさわしい。

佐賀山敏行(さがやま・としゆき)

学生時代からのバイク好きが高じて、カスタムバイク専門誌やハーレー専門誌などの編集長を歴任。現在はヤマハSR400に特化したウェブマガジン「The SR Times」を運営する。ほかにも出版業界紙や金融・投資に関する記事執筆など、幅広いジャンルで活躍中。

※記事内のデータ等については取材時のものです。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年3月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDビューティーミラー」! 特集は「YouTubeで学べ」&「ウワサの新発想家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。