人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.12

「秋の味覚」と聞いて思い浮かぶものTOP3

11月を迎えて秋も深まり、食べ物が美味しい時季となった。思いつくまま挙げてみても、秋刀魚、栗、ナシ、ブドウ、マツタケなど、多くの海の幸・山の幸が浮かぶ。マイボイスコムでは、そんな『秋の味覚』に関するインターネット調査を実施。その回答状況とデータ分析結果を公開した。


まず秋を感じる時期に関しては、「9月下旬」「10月上旬」が2~3割でボリュームゾーンとなっている。北海道では、「9月上旬」「9月中旬」が各2割と他の地域より高い。秋の味覚を意識して楽しむ人は59.5%、女性や高年代層で高い傾向にある。

次にあなたにとっての秋の味覚とは何かを聞いたところ、提示した選択肢の中では、「秋刀魚」「栗」「梨」が5~6割で上位3位、「柿」「新米」「ぶどう」「マツタケ」が3割強~4割で続く。「マツタケ」は、過去調査と比べて減少傾向だ。「栗」「さつまいも」は女性、「さつまいも」「かぼちゃ」は女性若年層、「新米」は女性40代以上で比率が高くなっている。北海道では「秋サケ」「イクラ」「かぼちゃ」、東北や北陸では「新米」、近畿では「マツタケ」が高い傾。また、北海道や東北では、「栗」「マツタケ」「銀杏」が他の地域より低くなっていた。

秋の味覚を味わうときの重視点は、「鮮度」「見た目」「価格」「におい」が3~4割で上位にランクされている。「鮮度」「国産かどうか」は、女性高年代層で比率が高い。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ