人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.12

この時期、肌がカサカサかゆい人が見直すべき5つの生活習慣

■連載/オンナは男のココが気になる!

カサカサかゆい人が見直すべき5つの習慣。

カラッ風が冷たい季節になりましたね。街中でも、ウールのニットやマフラーを身に着けた方をちらほら見かけるようになりました。

そしてやはり今年も、増えてきました。患者様からのあのご相談。「乾燥して、肌がかゆいんです。なんとかなりませんか?」

このかゆみのために来院されるほど、乾燥が進んで皮膚炎になっている方にはもちろんお薬を処方しますが、ごく軽度の状態の方には、日常生活のアドバイスか、せいぜい保湿剤のお渡しくらいということがほとんど。ちょっとしたことで、改善されるケースが多いんです。

カサカサかゆいという方、こんな生活習慣、ありませんか??

(1)ナイロンタオルで体を洗っている。

ゴシゴシと身体をこすらないと、洗った気がしないという男性は少なくありません。けれど、摩擦は乾燥の大敵です。肌のうるおいを守ってくれる皮膚表面のバリア層が削り落とされ、カサカサかゆみの原因となります。

やわらかいタオルやスポンジ、もしくは、一番いいのはご自分の手でやさしく洗うこと。

(2)スッキリタイプのボディソープを使っている

これも(1)と似ていますね。スッキリ系のボディソープが気持ちいい、というのは分からなくはないのですが、少なくとも秋冬は、肌のうるおいを守って洗う洗浄料を選ぶようにしましょう。また、スッキリ系のボディソ-プにふくまれがちなメントールが、かゆみや皮膚炎を悪化させることも。要注意です。

(3)ボディミルクやボディクリームを使っている。

保湿はとっても大事です。また、乾燥しているのに何もしないより、保湿アイテムを使っているだけ立派です!

でも、なかなか乾燥が落ち着かないとき、または乾燥だけでなくザラザラとしたキメ粗状態になっているときは、まず、ミルク・クリームの前に化粧水をプラスしてください。肌は、いきなり油分を与えられると刺激になる場合もあるのです。水分不足の肌は抵抗力を失っていますので、お顔のケアと同様、まずは水分(化粧水)、その後に油分(ミルクまたはクリーム)が理想的なケアです。

ボディは面積が広いので、リーズナブルな化粧水でも十分だと思います。スッキリ系、メントール系は避けて、やさしい保湿化粧水を選んでください。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。