人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これからの季節に行きたい世界の冬の絶景10選

2017.11.12

 世界には人生観が変わるほどの感動や興奮を与えてくれるような、一生に一度は訪れてみたい絶景が存在する。息を呑むような神秘的な風景、長い年月をかけて大自然が生んだ秘境、想像を遥かに超えた壮大で威厳に満ちた建造物、彩色豊かな鮮やかで美しい風景。昨今、「絶景ブーム」によりたくさんの絶景関連の書籍が出版されており、SNSでも毎日のように絶景写真がタイムラインを賑わせている。

 旅行会社のエイチ・アイ・エスが昨年、冬の旅行シーズンに向けて、H.I.S.が運用するFacebookページ「H.I.S.Japan」のファンを対象に、「冬だからこそ行きたい!世界の絶景投票キャンペーン」と題し、オーロラやクリスマスイルミネーション、クリスマスマーケットなどをはじめとした世界の冬の絶景18ヶ所を厳選し、冬に行ってみたいと思う絶景スポットに投票してもらうというキャンペーンを実施したところ、ユーザーの投票で1位に輝いたのは、ドイツのノイシュバンシュタイン城となった。19世紀後半に17年の歳月をかけて建てられた白亜の城。冬の絶景の王道であるオーロラやクリスマスイルミネーションを抑え、雪化粧したお城の様子が、まるでおとぎ話にでてくるようだと多くの支持が集まった。投票キャンペーンランキングは以下のとおり。

■1位 ノイシュバンシュタイン城(ドイツ/フュッセン)

 main

◎まるで物語の世界!雪に包まれた美しい城/一押しシーズン:1月〜3月上旬

 ドイツ・ロマンティック街道の終点にあるお城。雪化粧をした姿は、まるでおとぎ話に出てくる城のよう。ルートヴィヒ2世が17年もの歳月をかけて建てたこの白亜の城は、巨大なシャンデリアが飾られた「王座の間」や、オペラをモチーフにした壁画が見事な寝室など、豪華絢爛な内部も見どころ。個人では訪れにくい場所なのでオプショナルツアーで参加するのがオススメ。雪に包まれた幻想的なお城の景色に多くのファンの支持が集まり、堂々の第1位に輝いた。「2年前にクリスマスマーケットツアーで、お城も訪れました。12月上旬で、その日は雪が降っていて、マイナス5度ほどでした。お城は外見も美しいですが、中も見ごたえたっぷりです。」という訪問者の声が寄せられた。

■2位 オーロラ(カナダ/イエローナイフ)

オーロラ

◎空に広がる光のカーテン/一押しシーズン:1月〜3月

 オーロラベルトと直下に位置するカナダ・イエローナイフはオーロラ観賞に非常に恵まれた町。3日間のオーロラ観賞で1回でもオーロラが見られた確率=オーロラ観賞率は95%を誇る。1月から3月は降雪量が少なく、比較的晴天率も高いことから最適なシーズンだ。日中は犬ぞりやスノーモービルなどのアクティビティを楽しみ、夜は空一面に広がる光のカーテンを満喫♪オーロラ経験者からももう一度見たいという支持を集め、堂々の2位にランクインした。「同じものは2度と見れない、だからこそ何回でも見たい。」「オーロラはもちろん最高に感動的でしたが、オーロラビレッジのティーピーで食べた、スープとパンが暖かく美味かった。」という声が寄せられた。

■3位 ミュンヘンのクリスマスマーケット(ドイツ/ミュンヘン)

ミュンヘンのクリスマスマーケット

◎煌びやかな装飾でメルヘンの世界へ/開催日:2015年11月27日〜12月24日(※年により異なる)

 長い歴史で知られるドイツのクリスマスマーケット。町全体が装飾に彩られ、可愛らしいクリスマスのオーナメントやおもちゃ、キャンドル、ホットワインの屋台などが並ぶ。ミュンヘンのクリスマスマーケットは、マリエン広場を中心に開催される伝統的な市で、ネオ・ゴシック様式の美しい市庁舎をバックに荘厳な雰囲気が漂う。約2,500個もの電球で飾られた30mのツリーが現れ、コーラス隊によるクリスマス音楽が楽しむ。ロマンティックな雰囲気が多くの人に支持された。「町中クリスマスで、夜の景色はファンタジーに包まれてとても素敵です!」という声が寄せられた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。