人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.12

もしスマホを失くしたら、データ修復にいくら払える?

 スマホを失くして、ものすごく焦った経験をお持ちの方は多いのではないだろうか。特に、大事なデータのバックアップをとっていなかったりする時は、そのショックの大きさも格別だ。モバイルセキュリティ事業を展開するLookout Inc.が昨年、発表した日本のスマートフォン保有者1000人を対象とした調査に基づく新たな報告書「日本のスマートフォン紛失にまつわる事情」によると、スマートフォン紛失件数が増大している日本でよく見られる傾向、たとえば、いつ、どこで、どのようにスマホを失くすのか、また回答者の属性による違いも明らかにされている。回答者の属性で見ると、スマートフォンの紛失は年齢層と雇用状況で大きな違いが見られた。

 18歳から24歳の回答者の約45%がスマートフォンの紛失を経験しており、うち15%は年に3回から5回紛失していると答えたのに対し、45歳から49歳の回答者では紛失経験があるのは12%で、その頻度は年に2回以内だった。就業者の24%、退職者の10%と比較すると、学生では圧倒的に多い42%がスマートフォンを紛失していることが明らかになった。

gori0i9a3019072101839_tp_v

2

3

 また、スマートフォンを紛失したことがあると答えた人の45%が、公共の場所にスマートフォンを置いて、ついうっかり置き忘れたと回答。スマートフォン紛失の典型的なパターンは、午後(12時から17時の間)、ショッピングセンターまたは公共交通機関で起き、そのプラットフォームは(当然のことではありますが)iPhoneまたはAndroidとなっている。

1

 世界的に見ると、日本人のスマートフォン紛失件数は他の先進国よりも低くとどまっている。紛失を経験しているスマートフォン保有者の比率は日本の場合、5人に1人以上の23%。一方イギリスは35%、アメリカは30%、またドイツでは29%。とはいうものの、スマホ紛失は日本でも一般的になってきている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。