人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.10

高カロリー、高脂肪のジャンクフードを食べ過ぎない6つの工夫

 気持ちに余裕があれば誰しも不健康な食生活をあえて選んだりはしないだろうが、忙しかったり疲れていたりするとついつい食指を動かされるのがいわゆる“ジャンクフード”だ。そして最新の研究ではジャンクフードが持つ絶大な“アピール力”が指摘されている。

■“ジャンクフード”の画像は2倍気になってしまう

 高カロリー、高脂肪の食べ物に食欲がそそられるのは、我々人類のサバイバル本能のためだ。しかし今日の飽食の時代にあって、この“本能”は実に厄介なものになっているのはご存知の通り。そして実際、高カロリー、高脂肪のいわゆる“ジャンクフード”の影響力を我々は低く見積もり過ぎているのではないかという問題提起がサイエンスの側からなされている。

 米・ジョンズホプキンズ大学のコービン・カニンガム氏が先日「Psychonomic Bulletin and Review」に発表した研究では、“ジャンクフード”の画像がいかに人々の気を紛らわせているのかが浮き彫りになっている。

 実験参加者はパソコン上で一連の課題に挑んでもらい、できる限り早く解答することを求められた。そして課題に挑んでいる最中に、画面の片隅に画像が一瞬表示されたのだ。表示された画像にはドーナツやポテトチップス、チーズやキャンディなどの高カロリー食品の画像、ニンジンやリンゴなどの一般的な食品の画像、自転車や画びょう、照明機器などの身の回りの物品などが混在している。

 課題に挑んでいる時にPC画面にまったく関係のない画像が表示されれば当然、気を散されてしまうだろう。そして表示させた画像と課題の解答スピードの関連を分析すると、いわゆる“ジャンクフード”の画像はその他の画像よりも2倍、気を散らせていることが判明したのだ。高カロリー、高脂肪の食べ物はかくも我々の目を惹きつけているのだ。


PsyPost」より

 続く実験では、同じ設定で課題に挑む前に参加者にチョコレートバーを2本食べてもらった。すると今度はジャンクフード画像の影響を受けなくなったということだ。食欲が満たされている状態であれば、高カロリー高脂肪食品の影響をそれほど受けない(他の画像と同じ程度)のである。

 欧米では世間知として「空腹で食料品店に行くべからず」というフレーズがよく使われるというが、まさにこの世の真理だったということにもなるだろう。そして“ジャンクフード”の画像から影響を受けないためには、少しばかり腹を満たして物事に取り掛かればよいということにもなる。

 もちろん、望むらくはジャンクフードに関連した情報が一切ない環境に身を置けば良いのだが、社会生活を送る中では完全に排除するのは難しいかもしれない。普段街中で何気なく目にする“シズル感”溢れる料理写真の数々、そして店先に漂う匂いなどが知らず知らずのうちに我々の食欲に影響を及ぼしていることを折に触れて自覚したい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。