人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.10

被保険者が退職後に公的医療保険の資格を失うと何が起きる?

■中高年のための健康辞典(2)

第一回はこちら

■退職すると市町村国保へ

 一般的な勤め人であれば、公的医療保険は組合健保か協会けんぽに加入しているはず。ところが、退職すると、その翌日から被保険者の資格を失うため、次の4つの中からいずれかを選ぶことになるのをご存知だろうか? *共済組合も同様です。

・これまでの健康保険を継続

 これまで加入していた組合に相談・申請することで、任意継続という手段を取ることができる。ただし、最長2年間の条件付き。それ以降は下記のいずれかを選ぶ。⇒詳細は現在加入している健保組合や協会けんぽに相談を。

・特例退職被保険者制度を利用

 前述の「継続」と似ているが、こちらは後期高齢者医療制度に加入するまで継続可能な制度のこと。ただし、採用しているのは大手組合健保の一部のみ。厚生労働省の資料によると、1995年に71組合だったのが2010年には61組合と減少傾向にある。よほど体力のある健保組合でないと実現できない制度だ。

・家族の健康保険に加入

 配偶者や子どもが加入している健康保険があれば、その被扶養者になる方法。保険料がかからないなどのメリットはあるものの、前年度の収入に厳しい基準があるので、退職してすぐに入ることは難しい。⇒詳細は加入予定の健保組合に相談を。

・住所のある市町村の国保に加入

 これが最もオーソドックス。住民票のある市町村区で手続きを行い、市町村国保に加入する。保険料は前年度の収入が基準になるので、退職した年は保険料が高額になる可能性があることは覚えておきたい。⇒詳細は市町村区国保窓口へ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。