人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.09

最もテレビを見ているのは北海道民、最も見ないのは◯◯県民

出身地について話すと自然に出てくる「○○県民はせっかち」といった県民性のネタや、「静岡県のおでんは黒い」といったご当地ネタ。性格はもちろん、味の好みや文化の違いもあって、定番の話題となっている。最近では、都道府県別にご当地に合わせて開発されたビールが話題になったが、「関西人は〜」のように広いエリアで見るよりも、「○○県民は〜」のように、都道府県別に見ることで愛着や実感を持ちやすいようにも思える。では、テレビの視聴行動にも、県民性や地元愛は表れるのか。
インテージは、都道府県ごとのテレビの視聴実態を把握するために、スマートテレビの視聴ログデータの分析を実施。その結果の一部を公開した。

まず、まずは、「平均何%のテレビで番組が見られていたか」を示す『総接触率』を分析した。例えば、下表の場合、東京都の15時00分時点での総接触率は40%となる(地上波、BS、CS計)。総接触率は、「1日あたり何時間テレビが見られているか」の指標としても解釈ができる。

この『総接触率』を都道府県別に算出し、日本地図で表現した結果と、ランキングにまとめた結果が以下になる(2017年9月の毎分データの平均値)。

ランキングを見ると、テレビが見られている時間が最も長い都道府県は北海道で、1日の平均で約6時間程度という結果となった。逆にテレビが最も見られていない都道府県は鳥取県で、1日当たり約4時間となっている。1位と47位 では、テレビが見られる時間に2時間以上の違いがあるようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。