人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ムダと思える会議が多いのは海外も同じ!?日英の会議事情を徹底比較

2017.11.09

3Mが実施した調査によれば、ビジネスパーソンンが会議に費やす平均時間は年間平均159.1時間。なんと20日間もの業務時間を会議に費やしていることになる(調査期間:2017年3月7日~3月8日)。そんな中、デジタル文具「Bamboo スマートパッド」を展開するワコムは、2000人の日英20歳以上の働く男女を対象(1か国の調査対象人数1000名)に、「会議」についての調査を実施し、日英両国の会議の実態をまとめたインフォグラフィックを公開した。


まず、「勤務時間中、平均何%が会議に費やされているか」を調査したところ、日本・イギリスとも10%が最も多くそれぞれ47.0%(日本)、27.9%(イギリス)という結果となった。続いて、「会議の大半を意味のあるものだと感じていますか?」という質問には、日本が「はい」(32.3%)、「いいえ」(67.7%)、イギリスでは「はい」(43.3%)、「いいえ」(56.7%)と、いずれの国でも比較的高い割合で無意味な会議があると感じている人がいるようだ。

次に、「PCやスマホ、タブレットを会議に持ち込んでいますか」という質問に対し、43.6%が「はい」と回答。半数近くが何かしらのデジタルツールを会議に持ち込んでいるという結果が出た。特に会議時間が勤務時間の30%を超えている人のスマホ・タブレットの持ち込み率は、75.4%と急増する傾向がある(会議時間10%:デジタルツール持ち込み率46.5%、会議時間20%:デジタルツール持ち込み率49.7%)。

また、「会議中に会議の内容やプロジェクトとは関係のない業務をしたことがあるか」という質問に対しては、日本では「ある」が35.1%、イギリスでは34.2%と、日英両国とも3割以上が会議に集中できないことがあるという結果に。こちらもデジタルデバイスの会議への持ち込率と同様、日本で会議時間が勤務時間の30%を超えている人の77.8%が会議中にマルチタスクになる傾向にあった(会議時間10%:会議中の他業務率33.2%、会議時間20%:会議中の他業務率42.8%)。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。