人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

投資家・神王リョウが説く〝売れる発想〟を養う子どもの育て方

2017.11.08

■子どもにはマンガやゲームを買い与えるべき?

子育て世代の30~40代男女にとっては、わが子へゲームやマンガ・アニメ作品などを買い与えるべきか迷うこともあるのではないだろうか。神王氏にアドバイスをもらった。

「親がゲームやマンガ・アニメをネガティブに感じているのなら、それは子どもにも伝わり、あまり良い効果をもたらさないと思います。

例えば『勉強しなさい! 本を読みなさい!』と言う親自身が勉強してなかったり、本を読んでいなかったりすれば、子どもも結局は勉強しないのと同じです。

子どもは親が思っている以上に、はるかに親のことを見ているものですので、むずかしいことは考えず、子どもの無限の発想に何も制限を加えることなく、買い与えれば良いと思います。

教育的に良くないような内容のときは、逆に『なぜそれがダメなのか?』をしっかり教えてあげられるチャンスです。『臭い物には蓋をしろ』の教育では、本来の無限の子どもの可能性と才能は伸びませんから」

マンガやゲームが教育に良くないといった考え方はもはや古い発想であるようだ。柔軟に考えて子どもの興味関心を制限せず、随時、サポートするような形が良さそうだ。

親世代もこうした作品に触れてみるのもいい。

取材協力

神王リョウ(かみおう りょう)さん
株式会社アイアール代表取締役。投資家、ユーチューバー。20歳で株式投資を開始。投資成功者の研究をし、独自の手法「スパイダー投資法」™を確立。保有する資産は30億円を超える。「神王TV」にてノウハウを配信中。http://www.my-ir.com

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。