人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.08

飼い主のモチベーションも上がるタカラトミーの犬専用ウエアラブルデバイス『お散歩Time』

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

◆特許出願中の新技術を使った最新型ペット向け玩具

 国内外で30万個を出荷する大ヒット商品となった犬語翻訳機「バウリンガル」を発売したタカラトミーから、犬の健康管理を目的とした犬専用ウエアラブルデバイス「いぬのきもち お散歩Time」(1万2000円・税抜)が新発売された。発売を記念して横浜に今春オープンしたばかりの犬と人のための大型施設「WANCOTT(ワンコット)」にて、愛犬家が集まり「いぬのきもち お散歩Time」の体験会が行われた。

「いぬのきもち お散歩Time」は首輪に装着するウエアラブルデバイスで、小型犬でも負担がないように約14gと小型になっており、だれが見ても可愛いと思えるようなビスケット型のフォトジェニックなデザインになっている。

 デバイスを装着させて散歩をすると、専用のスマートフォンアプリと連動して、散歩中の活動量の測定を行う。アプリ内にはタカラトミーが独自に収集した1万頭以上の飼い犬データを分析し、専門家の監修のもと産出された、犬種、年齢、体型ごとの最適な活動量が記録されている。愛犬の情報を登録することで、その犬に最適な活動量を達成するための、必要な散歩時間の目安を知らせるという仕組み。

 デバイスの中にある犬の動きを読み取るセンサーで、「きょろきょろ歩き」「歩行」「はや足」「駆け足」の4種類の「歩様(歩き方)」を自動的に識別。運動量を測って連動させた専用のスマートフォンアプリを通じて知らせる。海外では運動した量をグラフで表す商品はあるが、「いぬのきもち お散歩Time」は散歩目標時間を初めて設定。個別の犬ごとに必要な運動量を調べて、散歩中にリアルタイムで目標の何%に達しているという情報がわかるようになっている。さらに、散歩後には飼い主の消費カロリーも表示されるため、愛犬と共に飼い主の健康管理もできる。

 

 ベネッセコーポレーションの「いぬのきもち」編集部と共同開発を行い、飼い犬の年齢によってさまざまなアドバイスを受けられる「ワンポイントアドバイス」機能も搭載。さらにおもちゃ会社の開発ならではのエンターテインメント要素も加味。運動量に応じてポイントがたまり、ミニゲームやガチャ、着せ替えなどが楽しめ、雨の日など散歩が面倒だなという気分の日でも飼い主のモチベーションを上げる工夫も施されている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。