小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

編集部員が本気でRIZAPのボディメイクに挑戦した結果

2017.11.05

■食事制限の真実

 食事面の難しさは多々あり、糖質量にばかり集中していると、栄養バランスが乱れてしまう。おまけに、ワタナベの場合は、喉に炎症ができて食事が楽しくなくなった。すると体はエネルギーを確保すべく、筋肉分解を始める。糖質コントロール中は筋肉がつきにくいとはいえ、筋肉分解が加速すると基礎代謝が低下してしまう。つまり、痩せにくい体になってしまったというわけだ。

■睡眠の真実

 RIAZAP中は1日7時間の睡眠が奨励されているが、その理由は睡眠中に分泌される成長ホルモンにある。この成長ホルモンには脂肪分解作用があり、1日あたり300kcalの脂肪が消費されるという。この時期のワタナベの平均睡眠時間は3時間。ある日には不眠不休でトレーニングにのぞんだため、まともに体を動かすことができなかった。これではせっかくのトレーニングの機会が無駄になる。


 そこでワタナベはトレーナーと相談し、3つの作戦を講じた。

1)夜食に青魚を食べる
2)有酸素運動を解禁
3)睡眠時間の確保

1)どうして青魚が有効なのか。それは青魚に多く含まれるDHA・EPAに、中性脂肪の燃焼を助ける働きがあるから。RIZAPのトレーナーも定期的に糖質コントロールを実践するそうだが、魚は欠かせない食材だという。しかも、最近では焼き魚がコンビニで買える。サバ、サンマ、鮭、ホッケなど種類も多く、2日で食べ飽きたサラダチキン以上に重宝した。

2)トレーニングのほとんどを無酸素運動に費やすRIZAPだが、脂肪燃焼を目的とするなら、有酸素運動を取り入れるのが手っ取り早い。トレーナーと相談した結果、片道10分のランニングを習慣づけすることになった。

3)睡眠ダイエットが存在するように、睡眠中には成長ホルモンが分泌される。成長ホルモンには脂肪分解作用があり、上質な睡眠をとることで、1日あたり300kcal程度の脂肪が消費されるのだとか。減量期間はよく寝る。これはRIZAPのトレーナーも実践しているメソッドのひとつだ。

 この作戦を導入したのは9月6日。上の表を一見すると体重に変化がないように思えるが、脂肪量は減り、筋肉量が増えている。それに伴い、基礎代謝も上昇した。しかしながら、睡眠時間が十分にとれず……目標とした62kgを目前に最終日を迎えた。

 プログラム満了の解放感、そして敗北感がない交ぜになった、何とも言えない気分で最終日のデータ計測を終えたワタナベ。それに対して、トレーナーの表情はいつもどおり明るい。さすがポジティブスタイル、そう思っているとトレーナーからロスタイム勧告が発令!

■ロスタイムの真実

 ボディメイクプログラムでは、コースに限らず『誕生日特典』を設けている。内容はオリジナルサプリなどに適応する金券2万円分、そして50分セッション1回券のふたつ。奇しくも11月に誕生日を迎えるワタナベは、プログラム終了の翌月にRIZAPスタジオへ再訪することに!?

 次回更新予定「リバウンドの真実」にご期待ください。

文/DIMEワタナベ


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。