みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >IT・モバイル
  3. >AIを搭載したエージェントロボットは…

AIを搭載したエージェントロボットは我々の生活をどう変える?(2017.11.05)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1話はこちら
第2話はこちら
第3話はこちら

AIを搭載した音声とチャットによる対話システムを開発するベンチャーNextremer(ネクストリーマー)。2017年5月アパホテルの女性社長をモデルにした音声対話のフロント係を展示会に出展すると、各企業から問い合わせが殺到し会社は急成長。四国の高知に開発拠点のラボを創設すると、AI搭載の対話システムという最新技術に、高知を中心に若い優秀な人材が結集した。

そして「鎧をしゃべらせてみないか」という知り合いの言葉に、CEOの向井永浩(むかい・ひさひろ・40才)はひらめく。

鎧がしゃべれば、うちの技術を世界に向かってアピールする最高の広報部長になる。これは面白いーー。

●煙が出ても野太い声で

完成した黒褐色の鎧に身を包んだマネキンは高さ198cm、幅50cm、奥行き42cmと堂々たる体躯である。「AI-Samurai」と名付けられた。プラットホームに搭載されている「minarai」の他に、コアになる技術として、「A.I. Galleria」という研究段階のシステムが投入されている。これは人の脳の神経細胞を意識し、人とコンピュータのコミュニケーションが、よりリアルになるようにと開発されたものだ。

「AI-Samurai」は簡単な日本語と英語で対話し、個人の顔認識の機能が備わる。15年10月30日の「第6回対話システムシンポジウム」での初公開以来、海外を含め様々なイベントに登場し続ける。「腕とか動いたら面白いよ」という発案で、東工大の研究室に、鎧のマネキンを持ち込み腕の動作も加えた。出展して間がない頃のあるイベントでは腕から煙が上がり、消火器を吹きかけられながらも、「AI-Samurai」は野太い低音でしゃべり続けた。

この夏、7月下旬から8月下旬にかけて、凸版印刷と共同開発した「AI-Samurai」を東武鉄道浅草駅のツーリストインフォメーションに設置。わかりやすいように、横に説明のためのディスプレイを設置。「雷門は〜」「東京スカイツリーの入場料は〜」「お土産の雷おこしは〜」等々、質問に音声で応える黒褐色の鎧に身を包んだ侍姿の渋い英語案内は、浅草を訪れる外国人観光客から「アメイジング!」「グレイト!」と声が上がった。

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。