人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

実年齢より若く見られたい?年相応に見られたい?

2017.11.03

実際の年齢より若く見られたいと思っている人は6割弱、年相応に見られたい人は2割強

 実際の年齢より若く見られたいと思っている人と、年相応に見られたいと思っている人、どちらが多いのだろうか。マイボイスコムが以前、『アンチエイジング』に関するインターネット調査を実施したところ(※回答数1万2006件)、年をとることに抵抗を感じる人は5割強で、加齢によって気になることは「髪の毛」の他、「視力の低下・老眼」「顔のしわ」「顔のたるみ」「おなかまわり・ウエスト」「記憶力の低下」「顔のしみ」などが挙げられたことがわかった。アンチエイジングに関心がある人は6割弱、男性4割強、女性7割弱。アンチエイジングを行っている人は4割強で、「髪の毛」「顔のしわ」「顔のしみ」「顔のたるみ」への対策が上位に入っている。

◆実年齢より若く/年上に見られたい度合い

 実際の年齢より若く見られたいと思っている人は6割弱、年相応に見られたい人は2割強。「若く見られたい」は、女性で比率が高くなっている。

◆歳をとることへの抵抗感、加齢によって気になること

 年をとることに抵抗を感じる人は54.3%、男性5割弱、女性6割強。女性20~40代では7割弱となっている。加齢によって気になることは、「髪の毛」(51.3%)がトップ、以下「視力の低下・老眼」「顔のしわ」「顔のたるみ」「おなかまわり・ウエスト」「記憶力の低下」「顔のしみ」が続きます。ほとんどの項目で女性が男性を上回りますが、特に「顔のたるみ」「顔のしみ」「ほうれい線」「首まわりのしわ、たるみ、しみなど」「身体全体のボディラインの崩れ」「手や指のしわ、たるみ、しみなど」は、男女差が20ポイント以上となっている。

◆アンチエイジングへの関心度、行っている部分

 アンチエイジングに関心がある人は54.6%、男性4割強、女性7割弱となっている。関心層は、男性では年代があがるほど比率が高く、女性では30代以上で7割を占める。アンチエイジングを行っている人は4割強。「髪の毛」に対して行っている人が15.1%で最も高くなっている。続く「顔のしわ」「顔のしみ」「顔のたるみ」は、女性が男性を10ポイント以上上回っている。

◆アンチエイジングで行なっていること

 アンチエイジングを行なっている人に、行っている内容を聞いたところ、「なるべく歩くように心がける」「エイジングケア用のスキンケア用品・化粧品、石鹸等の使用」「サプリメントの摂取」「ストレッチ、体操、ヨガなど」「体によい食事」が上位にあげられている。「エイジングケア用のスキンケア用品・化粧品、石鹸等の使用」「歯の手入れや定期健診・治療」は女性高年代層、「定期健診を受ける」は高年代層で比率が高くなっている。

<回答者のコメント>

◆アンチエイジングに効果があると思う商品・サービス (全4408件)
・しわとかが取れるやつがあればほしいです。(男性27歳)
・若い人と一緒に仕事したり、交流することがやはり気持ちを若くして、結果、カラダも若くなる努力を自身で行う様になると思う。(男性41歳)
・ピアノを習って、指の動きや暗譜で記憶力を向上させている。(男性58歳)
・どれもお金や手間のかかることばかりで、乳児幼児のいる私には難しい。(女性27歳)
・時間や金銭的に余裕があればエステに通いたい。(女性39歳)
・意識的にサプリメントを飲んでいる人はやっぱり若い。効果はあるのだと思う。(女性36歳)
・毎日軽く汗ばむくらいの運動をすること。筋肉はいくつになってもつきます。(女性56歳)
・安くても、きちんと量を守り、毎日続けることが大事かなと思う。(女性38歳)

hands-216982_960_720

 

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。