人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

結婚式の二次会は何のためにある?

2017.11.03

 10月から11月になると、実はブライダル業界の繁忙期でもあり、結婚式の挙式件数が一番多いシーズン。結婚式の披露宴に招待される人も増えれば、結婚式二次会に招待される機会も増える人も多いだろう。「会費婚」サービスを提供する、アールキューブが以前、二次会に関するアンケートを、20代~40代男女(2988名)を対象に、披露宴からの二次会に関して「二次会つまらない」「二次会をやる理由」「1.5次会の需要が増加」などについて調査したところ、二次会は何のためにあるのか疑問に感じたり、つまらないと感じている人が5割以上に及ぶことがわかった。

「正直、結婚式の二次会をつまらいと感じたことがある?」かどうかを聞いたところ、はいと答えた人は53.1%、いいえと答えた人は46.8%だった。また、「身内で楽しむのやめてくれない?アウェイ過ぎて帰りたい」と2人に1人が思っていることが判明。また、77.0%の人が「3次会!?行きたいけれどお金がないよ(泣)」と思っており、披露宴から二次会に出席するのは正直しんどいと感じていることがわかった。「何のための二次会なの?新郎新婦と話す時間がなさすぎる」と思っている人は約6割となっている。

結婚式の二次会に関するアンケート

 また「正直、二次会の幹事は面倒くさい」と思っている人は70.3%という結果に。友達からの誘いだとは言え、やっぱり二次会の幹事は面倒くさいと思っている人が多いようだ。「幹事やって」と声をかけられるのが大体3か月くらい前から準備を始める人が多いことも判明(※準備期間にかかった時間は「3か月前」が56.8%、「1か月前」が27.0%、「1週間前」が6.4%)。一方で、こだわりだしたら、きりがないが、郎新婦のためを思って全力で作る人が多いことも明らかになった。

結婚式の二次会に関するアンケート

 とは言え、準備が面倒なのは事実。新郎新婦も仲がいいからといってお願いしても、親しき仲にも礼儀ありで、御礼を渡すのを忘れないようにするのは必須事項だ。最近では幹事代行の会社も増えているので、幹事のプロにお願いして進めていくのも一つの手段かもしれない。

wedding-1594957_960_720

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。