人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.04

フェラーリが革新的なパッケージを装備した実験車輌『FXX-K Evo』を公開

フェラーリは、フィナーリ・モンディアーリにおいて、サーキット走行限定の実験車輌XXシリーズの最新モデル、『FXX-K Evo』をワールドプレミアした。次世代プロダクションモデルの研究・開発プログラムにおいて、積極的かつ重量な役割を果たすことに特化して開発されたXX車輌は、今や革新と妥協のないパフォーマンスの代名詞となっている。この最新モデルの登場によって、2005年に始まったXXプログラムも、さらなる飛躍を遂げるはずだ。

FXX-K Evo

「FXX」および「599XX」のEvo仕様と同様に、『FXX-K Evo』にも、フォーミュラ1をはじめ、GT3、GTE、そして自らの名を冠したワンメイク選手権専用のChallenge車輌など、フェラーリが様々なサーキットレースで培ってきた革新的なコンセプトが惜しみなく注がれている。

ただし、これまでのXX車輌の例に漏れず、レース由来の、サーキット専用の技術が導入されているFXX-K Evoは、ロード・ユースモデルとして登録することはできない。加えて、専用プログラム以外、あらゆるレースのホモロゲ―ションも取得できない。

これまでのXXシリーズ車輌の任務を引き継ぐこの新モデルも、クローズド・ホイール実験車輌のドライビングを通じて、Cavallino Rampante(跳ね馬)の技術者とともにフェラーリの革新的な技術開発に関わることを強く望まれる、ごく限られたスーパーカー・エンスージアストの方々に向けて開発されたモデルとなる。

開発段階において、デザイナー達は『FXX-K Evo』の軽量化の追求から始めて、広範囲にわたる様々な側面に着手。フェラーリのフォーミュラ1での経験をベースとした革新的なカーボンファイバーコンポーネントの製造技術を導入することで、固定式リアウイングをはじめとした新デバイスを装備したにもかかわらず、現行『FXX-K』よりも軽量に仕上げることに成功している。

FXX-K Evo

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。