人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.03

超芳醇な大瓶コルク栓ベルギービールの嗜み方

■連載/石黒謙吾のLOVEビール
~語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話~『超芳醇な大瓶コルク栓ベルギービールの嗜み方』

 ビールが好き、もっと知りたい&楽しみたい。でも、マニア向けのものは結構、とは言っても当たり前の話は知ってる。そんな、粋でイケてるビールファンに贈る、なんでもありの読み物です。語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話をお楽しみください。


 お店でなく家でも、1日1本は、極力飲んだことがないビールを飲むように心がけている。メジャー系、クラフト系、ベルギー系、その他外国系とさまざまあるが、さすがに舌が肥えて来るというか、ううむ、美味しいと唸るほどのものは、やはりその幅広さ&奥深さからベルギービールが多くなる。

 家ではオクサンと2人で飲むわけだが、ベルギービールでは750mlの大瓶も数々出ていて、これが容量としてなかなかいい。その多くはワインのようなコルク栓で、ボトルの形状やデザインも凝っている造形物としてもクリエイティビティ溢れている。ざっとどのような種類があるか見てみよう。

<ベルギービールJAPAN>の750mlラインナップ

 同じ容量なれど、メジャー系ビールと違って価格はさまざま。この中では、まず最安値がこれ。

シメイ・プルミエール 750ml
1000円

 これぐらいであれば、ビールファンであれば、たまに飲む程度なら気にならない価格だろう。1000円台前半〜後半はかなりある。そして逆に高いほうだとどうかと、上のほうから5種をピックアップしてみると。

シメイ・グランドリザーブ・エイジドオーク2017 ラムエディション 750ml
3200円

デウス 750ml
3643円

ブザールト クリーケン ランビック ミレジム2012 750ml
4000円

ブッシュ・デ・シャルム 750ml
4200円

キャスティール・トリニャック 750ml
4300円

 いやー、どれもさすがの風格というか……。これ以外にも、長期熟成、オーク樽、ラム樽、コニャック樽など使用、他のビールとのブレンドなど、手間暇掛けて造り上げる高級ビールがいくつもある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ