人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

BLUE COREエンジンを搭載したヤマハの新型スクーター『XMAX ABS』が登場

2017.11.02

ヤマハ発動機は、“MAXシリーズ”のDNAを継承するスタイリングに新型水冷・4ストローク・249cm3「BLUE COREエンジン」を搭載した新型スクーターの『XMAX ABS』を2018年1月25日より発売を開始する。希望小売価格は64万2600円(税込み)。カラーはイエローメタリック6(イエロー)、ホワイトメタリック6(ホワイト)、マットグレーメタリック3(マットグレー)。

国内の軽二輪市場では、同社のコンパクトなスクーター『マジェスティS』やスポーツモデル『YZF-R25』なそが人気を得ているが、一方で中古の軽二輪250ccスクーターへの人気も根強く、“手頃な価格と余裕の排気量”を求める市場の声を示している。この背景のなか、今回の『XMAX ABS』は、通勤用途での快適性・実用性・手頃な維持費などのスクーターとしての基本性能に加え、“週末も楽しめる魅力”を兼ね備えたモデルとして開発された。

まず “MAXシリーズ”の共通アイコンである精悍な2眼ヘッドランプと、前後タイヤの繋がり感を印象づけるブーメラン形状を継承しながら、街で目をひく“XMAX”のXをモチーフとした特徴的なフロントフェイスを採用。またフロントフェンダーとフロントカウルを繋ぐラインは、モデルの特徴的な機構でもあるモーターサイクルタイプのフロントフォークを強調し高い運動性能をイメージさせるものだ。

クラス最高レベルの加速性能を照準に新開発した249cm3の「BLUE COREエンジン」を搭載。燃焼室と吸気ポートの最適設計、アルミ製鍛造ピストン、DiASilシリンダー、オフセットシリンダーなどにより、高効率燃焼と高い冷却性、ロス低減を図った。また、このエンジンには剛性に優れた一体式鍛造クランクシャフトを当社軽二輪スクーターとして初めて採用。高い精度によって、プレーンベアリングによるクランク軸受けが可能となり、軽量・コンパクト化とロス低減、メカノイズ低減を達成している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。