人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.31

【東京モーターショー2017】SUBARUが進化型アイサイトなど高度運転支援技術を搭載した『SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT』を世界初公開

SUBARUは開催中の第45回東京モーターショー2017において、『SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT』を世界初公開した。

「SUBARU VIZIV」シリーズは、SUBARUが顧客に届ける安心で、愉しいクルマづくりの将来ビジョンを具現化したコンセプトシリーズになる。同シリーズ初のセダンボディを採用した『SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT』は、SUBARUの優れた走行性能を象徴する歴代車種や、「50年以上に渡り進化を追求してきた水平対向エンジンを核としたシンメトリカルAWDをイメージソースとし、将来に渡って引き続きSUBARUが追求していく「走る愉しさ」をスポーツセダンとして表現した」、と同社ではで説明している。
また、今後の自動運転技術普及期を見据え、進化型アイサイトと各種デバイスを組み合わせた高度運転支援技術を、運転を積極的に愉しみたくなるスポーツセダンに搭載することで、SUBARUらしい安心で愉しいドライビングの世界観を提示している。

SUBARUならではの「走る愉しさ」を表現するにあたり、ドライバーズカーとしてのSUBARUを定義したレガシィ、世界ラリー選手権を席巻したインプレッサ、現在も世界中のレースで活躍するWRXといったこれまでのSUBARUの走りを象徴するモデルを意識しつつ、現在のSUBARUに共通するデザインフィロソフィー“DYNAMIC × SOLID”に基づき、走りの愉しい次世代スポーツセダンとして表現。

低重心で前進感のある硬質なボディと躍動感をもって張り出すフェンダーの造形、バンパー・フェンダー・ルーフ等のボディ各所に採用したカーボンパーツ、リヤバンパーから大胆に覗くエキゾーストパイプ等により、走りのパフォーマンスを強調している。
また、一体感を持って立体的に構築したフロントグリルとホークアイヘッドランプにより水平対向エンジンを表現するとともに、ボディの四隅に配した力強いフェンダーはシンメトリカルAWDの信頼感を訴求。SUBARUアイデンティティーの一部であるパワートレーンを、従来のSUBARUコンセプトカー・量産車と一貫性をもったデザインとして具現化している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。