人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.29

【東京モーターショー2017】日産がゼロエミッションのクロスオーバーコンセプト『iMx』を公開

日産自動車は、開催中の第45回東京モーターショー2017において、将来の「ニッサン インテリジェント モビリティ」を見据え、100%電気自動車のクロスオーバーコンセプトカー『ニッサン IMx』を世界初公開した。コンセプトは「Together we ride」。同社では「ニッサン IMx」は、意のままに操る喜びと、今までになかった移動の楽しさを提供し、クルマと過ごす生活をもっと充実したものに変える、身近で頼りになるパートナーになる、とアナウンスしている。

今回のローンチに際して、EVのグローバルマーケティング&セールス担当のダニエレ スキラッチ エグゼクティブ・ヴァイスプレジデントは以下のように述べている。

「『ニッサンIMx』は、ニッサン インテリジェント モビリティの未来を体現したクルマです。日産はニッサン インテリジェント モビリティを通じて、クルマと人や社会がつながり、生活を豊かにするクルマを提供することをお約束します」

「IMx」は、「リーフ」に搭載している「プロパイロット」をさらに進化させ、ドライバーが運転に一切介在しない完全自動運転を実現している。クルマに任せてドライブができる「プロパイロットドライブモード(PDモード)」を選択すれば、ステアリングは格納され、シートは深くリクライニングし、乗員全員がリラックスしたまま移動することが可能。もちろんドライバーは好きなときに運転を楽しむことができる。「マニュアルドライブモード(MDモード)」を選択すると、ドライバーの前にステアリングが現れ、シートは適切なドライビングポジションに変化する。「IMx」に搭載された知能化技術により、安心してダイナミックなドライビングを楽しめる。

「IMx」は、新しいEV専用プラットフォームの高効率パッケージにより、段差の無いフラットなフロアと今までにない開放的な広いキャビンスペースを実現した。また、パワートレインは、高出力モーター2基を前後に搭載したツインモーター4WDを採用しており320kW/700Nmを発生。この高出力を受け止めるEV専用プラットフォームのボディやシャシー、低重心パッケージがもたらすスポーティーなハンドリングにより、クロスオーバーモデルであることを感じさせないフットワークが得られるという。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。