人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.29

上司の失敗学「ウチの会社は」「自分は先輩から」をまずやめる

 今の40代は、ロールモデルを突然失った世代。10歳上の先輩たちのリストラや会社の失速を間近に見てきたために、管理職はこうあるべきだ、という確固たる目標も自信もなく、右往左往している。グローバルキャリアコンサルタントの小松俊明さんは、「だから今こそ、40代が新しいロールモデルになるべきだ」と語る。

「失敗したっていいんですよ。必死な姿って、それなりにかっこいいじゃないですか。でも、若い世代から見たら、残念ながらあんまり輝いては見えない。そのあたりが40代の現実で、難しいところではないでしょうか」

 では、どうすれば輝けるのか。有名企業で働いている、年収が高い、いいスーツを着ている、といった輝き方を追求するのは従来型。現代型は違うと再認識すべきだ。

「基本は仕事をバリバリこなして成果を出すことです。そのうえで、今までにない視点があったり、独特なアプローチができたり、そういうオリジナリティーのある人が、今求められている新しいロールモデルに近いような気がします」と小松さんは言う。

◆「ウチの会社は」の口癖が元凶

 そのために重要なのは、会社の論理を捨てることだという。

「どうしても、『先輩がどうだった』とか『ウチの会社ではこうだから』という論調になりやすいですよね。それがあらゆる組織の悪の根源、失敗の元凶です。単に過去の悪い事象の引き継ぎにすぎない。『ウチの……』と言った途端、事態は後退していきます」

 また、日本人にしみついた年功序列信仰も、イマドキ部下の心が離れる要因となる。

「日本人は年功序列の発想が頭の中に組み込まれているので、自然にその順番で物事を見てしまうんです。年配者を敬うという文化を失う必要はもちろんないですよ。でも、ビジネスの場で、いつまでもその発想をしていては、何も生まれません。『社長がこういうのが好きだから』『あの部長がうんというような話をまとめよう』という発想では、社外での、ましてや世界での競争に勝てません。スケールが小さすぎるんです。今の20代は、そのあたりは驚くほど冷静に見ていますよ。この会社や国が成功していない状態を長年見てきて、『だから未来がない』と思っているわけですから」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。