人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.29

1日でも長くパソコンを使うには?プロが教えるデータ整理の基本

■連載/パソコン&スマホ「サポートスタッフだけが知っている“プロのテクニック”」

1日でも長くパソコンを使うには?プロが教えるデータ整理の基本

パソコンを少しでも長く使うため、日頃のメンテナンスは重要。ところが、良かれと思ったセルフメンテナンスが、逆にパソコンの寿命を縮めてしまうことがあるのです……。

はじめまして、日本PCサービスの松本です。弊社では、パソコントラブルに見舞われたお客様の元にすぐ駆けつける「ドクター・ホームネット」を運営しています。トラブルの原因を見つけるため、お客さまに話を聞くと、「間違ったセルフメンテナンス」がきっかけで、故障を引き起こしていることがあります。

■デフラグはやりすぎに注意!

1日でも長くパソコンを使うには?プロが教えるデータ整理の基本

パソコンの動きが遅くなったと感じ、メンテナンスの1つとして「デフラグ」を実行することがあると思います。

パソコンのファイルやアプリケーションは、小さなデータの集合体です。しかし、1つ1つのデータがHDD(ハードディスク)内でバラバラになっていると、全てを探すのにパソコンが苦労して、その分負荷がかかります。それを解消するために、データの整理整頓をするのが「デフラグ」です。

整理整頓なら、毎日したほうがよいと思う人は少なくありません。しかし、逆にやりすぎてしまうと、パソコンの寿命を縮める原因になるのです。

デフラグを頻繁にすることは、年末にする大掃除を毎日するようなものです。パソコンがその分疲弊してしまいますので、長い目でみるとHDDの寿命が逆に縮まることになるのです。

■古いパソコンは、デフラグ前にシステムチェックを

使用年数が長くなってきたパソコンにデフラグをかける時も注意が必要です。

デフラグは、あくまでもデータを整理整頓する作業です。システムを修復する効果はありません。

仮にHDDに不具合が起きている状態でデフラグを実行すると、かえってダメージを与えてしまうことになりかねません。風邪をひいているにも関わらず、無理やり大掃除をさせられるようなもので、より症状を悪化させかねないからです。

デフラグをかける際は、まずシステムチェックを行ないましょう。問題がないと分かってからデフラグを実行してください。パソコンの気持ちになって、大切に使ってあげることが長持ちさせる上で重要なポイントです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。