人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.29

AIベンチャーのNextremerが開発拠点を高知に移した理由

第1話はこちら

AIを使った音声対話システムを開発するベンチャー企業のNextremer(ネクストリーマー)。この2年ほどで社員数は3名ほどから55名に急成長。高知市内に開発拠点を置き、自社開発のプラットホームの導入や、共同開発を行っている企業は現在約100社。代表取締役CEO向井永浩(むかい・ひさひろ・40才)は金沢大卒後、電機メーカーのSE、外資系企業への転職を経て、2012年Nextremerを設立。14年には現在、技術部門を統括する興梠敬典(ころき・たかのり・30才)と出会い、本格的に音声対話システムの開発に着手した。

●「キャラクターが可愛すぎたよね」

最初に取り組んだのは、アパホテルの女性社長をモデルにしたホテルのフロント係。開発した対話システムは「minarai」と名付けた。

「音声対話システムではカバーできない部分があったので、人がバックアップできる機能を加えました。まだ完成品とは言い難い。そこで見習いと名付けたんです」(向井)

16年5月13、14日、幕張メッセで開催された世界的なベンチャーの祭典、「SLUSH ASIA(スラッシュ アジア)」に出展すると、多くの人がブースを囲んだ。

モニターに映る女性の前のマイクのボタンを押す。「いらっしゃいませ、予約はございますか」「はい」「シングルそれともダブル?」「じゃシングルで」「何泊のご予定ですか」、テレビでおなじみのアパホテルの女性社長をモデルにしたキャラクターと、対話しながら手続きをする。

「キャラクターを可愛くしすぎたよね」等の反省はあったが、イベントへの出展は大盛況だった。

「僕らは音声認識のハードウェアと、AIを使ったテキスト処理を組み合わせて形にして、人に触ってもらい技術的に動かしたらこうなると示せた。音声対話システムのユースケースを、先んじて提示したことが評価につながったじゃないですか」
東京・成増の雑居ビル10Fにある本社オフィスで向井は言う。

「SLUSH ASIA」に出展した音声対話システム「minarai」を搭載したフロント係は、スポットライトを浴びつつあったAIによる音声対話の波に乗った。企業から問い合わせが殺到したのである。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ