人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.29

「スティーブ・ジョブズ・シアター」ってどんなところ?

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

 スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回は9月12日に行われた「Apple Special Event」に、法林氏、石川氏、石野氏は日本のメディアを代表して参加しました。10月時点では、世界中の人がまだ見たことがない『iPhone X』をはじめとする、新型「iPhone」はどう進化したのか? 発表会の模様とともに徹底討論してもらいました。また16日発売の雑誌DIMEでもこちらの座談会のスペシャル版を掲載中です。ぜひ合わせてご覧ください。

■ジョブズ最後の作品「スティーブ・ジョブズ・シアター」に驚き

房野氏:今回のiPhoneの発表会はいかがでしたか?


房野氏

石川氏:私はiPhoneの発表会に何回か参加していますが、今回はアップルの新本社エリア「Apple Park」での開催、しかもアップルの創業者のひとりで、iPhoneの生みの親と呼べる、故スティーブ・ジョブズの遺作のひとつとも言える「スティーブ・ジョブズ・シアター」のこけら落としということで、非常にワクワク感がありました。30年ぶりの大人の遠足かというくらい、期待に胸を膨らませて行きました。実際、行ってみたら、若干臭かった(笑) 有機肥料かな。


石川氏

法林氏:化学肥料じゃなく、有機肥料の匂いです。


法林氏

石川氏:もともとアスファルトしかないようなところを、土を持ってきて小高い丘を作ったり、スタンフォード大学を意識したらしく、あえて自然を模した環境にしている。木は植えられたばかり、草もまだ根付いていない状態で、全体的に自然を作った感のある匂いがしていた。それが第一印象でした。

石野氏:あのへんは決して都会ではないですよね。


石野氏

石川氏:まあ、そうね。色々と再開発した感じになっていた。輪っか状の新社屋は、前評判通り、まるで大きな宇宙船みたいでした。あれはとにかくデカいです。ほんっとうにデカい。

石野氏:宇宙船でした。

石川氏:びっくりするくらい大きい。実はそれと比べてスティーブ・ジョブズ・シアターは小ぶりです。でも、ガラス張りの近未来的なデザインで、非常にワクワクしました。これだけでメディア関係者はやられてしまったというか、製品の良し悪しよりも、まず場所の雰囲気に飲まれたというのが正直なところです(笑)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ