人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

睡眠時間は国籍で決まる!?住む場所と移動時間について考えたくなる話3選

2017.10.27

■通勤時間を有意義にする秘訣7

 利便性だけではなく住む場所について、いろいろと考慮に入れなければならないことがありそうだが、そうして選んだ住処が職場から遠くなってしまう場合もあり得る。あるいはすでにけっこうな通勤時間を費やしているという向きもあるだろう。そこで、何かと手持ち無沙汰な通勤時間をいかに消耗せず、有意義に過ごすかについてのアドバイスを心理学系情報サイト「Psychology Today」が行なっている。そのポイントは7つだ。

●車の相乗りを活用する

 性格にもよりけりだが、通勤が心地良くないひとつの理由に孤独であることがあげられる。特に自動車通勤は何かと手持ち無沙汰な時間を過ごすことになる。そこで近所の同じ職場、同じ地域へ通勤する気のあう人々と情報をSNSなどで共有して2〜4人程度が同じ車に相乗りして向かうということが考えられる。複数の人々とコミュケーションをとりながら通勤することで、単純に楽しく心労は大いに軽減される。また、個々にそれぞれが自動車通勤するよりも地域の環境に優しく、渋滞の緩和にも繋がる。

●通勤時間を勤務時間とみなす

 通勤の時点で仕事がはじまっているのだと考える。公共交通機関を利用していることが前提になるが、つまり可能な限り通勤時間の段階から仕事をはじめるのだ。もちろん、日本の都市部などでは特にラッシュアワーの混雑が激しく、ノートPCを開くことすらできないケースも多いだろう。だが最近浸透しているフレックスタイム制を選択できる職場の場合、時間をズラして空いている電車やバスに乗れればノートPCやタブレット端末を使って仕事の準備を進めることができる。

●通勤時間を娯楽時間にしてしまう

 スマホやタブレット端末が普及している今日にあっては、割り切って通勤時間を娯楽時間にしてしまう選択もあり得る。もちろんモバイル端末でなくとも、紙の書籍や新聞や雑誌でも構わない。また自動車通勤の場合は、車の中は絶好のカラオケの練習場所にもなる。

睡眠時間は国籍で決まる!? 住む場所と移動時間を考え直す話題3選
Psychology Today」より

●通勤時間を運動の時間と考える

 公共交通機関での通勤は、実は運動不足解消の格好の機会であることは疑問の余地はない。駅のエスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使うことを心がけたり、車内でもなるべく座らずに吊革につかまってアイソメトリックスを行なったり、ストレッチ運動をしたりすることもできる。また1駅先の駅まで歩いたり、1駅前で降りたりして歩行距離を増やす習慣をつけてもよいだろう。自動車通勤の場合でも信号待ちで腕や肩、首のストレッチ運動などはじゅうぶんに行なえる。

●通勤ルートを考え直してみる

 ほとんどの場合、通勤においては最短ルートを選ぶものだが、電車や道路が極端に混んでいる場合などは多少時間がかかったとしても通勤ルートを考え直してみる選択もある。乗り換えルートを変えたり、あるいは特急や急行などをあえて回避してみることでストレスの少ない通勤を実現できる可能性がある。

●沈思黙考の時間にする

 通勤時間をあえてスマホ利用や読書などには充てずに、「沈思黙考」の時間にすることでさまざまな“気づき”を得ることができる。慌しい日常の中では、その日に体験した気になる出来事について深く考える時間がなかなか持てないのだが、その意味では通勤時間は格好の“再検証”の時間になる。

●感謝する!

 交通手段が発達している現代文明に感謝する(!)。

 ……通勤時間をストレスに感じるか、そこに何か意義を見出せるのか、まさに考え方次第ということになる。これらの方策が必ずしも毎回できるとは限らないだろうが、いろいろと工夫次第で通勤時間をポジティブな充実した時間にすることができそうだ。

文/仲田しんじ

フリーライター。海外ニュースからゲーム情報、アダルトネタまで守備範囲は広い。つい放置しがちなツイッターは @nakata66shinji

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。