人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.27

芳根京子はITエンジニア向き!?学生のうちから働く経験をしたほうがやっぱり就職に有利か?

■連載/ヨシムラヒロムの勝手に宣伝部長

「大手印刷会社と大手電力会社、どっちがいいと思いますか?」

 先日、W大学に通う友人から届いたメッセージである。彼女は就職活動を終え、2つの内定をゲットしたが選択に悩んでいるとのこと。

 まず言いたのは、就職活動を全くしたことがない僕に聞くことが選択ミス。メッセージのやりとりで「大手印刷会社に務める友達がいるよ」と書けば「その人を紹介して」と熱望。

 そして相談は、友人へと移行していった。「ヨシムラはアテにならん、じゃ次だ」悩みながら動ける人、さすが早稲女である。

「就職活動、なんでしなかったの?」とよく聞かれるが、答えるほどの理由も思想もない。ただ働きたくなかっただけ。大学卒業後、「笑っていいとも!」を見ることだけが日々の業務。そんな2年間を送っていると、ある日ものすごく働きたくなった。

 他者と比べると死にたくなるので、その思考はオフ。「いいとも!」中心の生活に飽きたのだろう。余談だが、ニートを長年できる人はニートの才能があるんだな。常人ならば、1年ほどで飽きるよ、アレ。

 10月3日。

 足を運んだのが、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター。行われたのは「DODAキャンパス」の説明会である。もちろん取材だが、もっぱらの興味はイメージモデルを務める芳根京子氏にあった。ゲストとして登壇、それが楽しみで楽しみで。

 説明会にて。

 すぐに芳根京子氏が出るはすもなく、まずは「DODAキャンパス」のサービス説明。

 端的に書いてしまえば、学生と企業のマッチングサービス。学生が自身のキャリアノートをつくり、授業、部活、アルバイト、インターンと学生生活で得た経験を記録する。そのページを見た企業が長期有給インターンシップをオファー。学生のうちから働く経験を提供するプラットフォームなのだ。

「まなぶ」と「はたらく」をつなぐことで、学生に自己分析を促す。早いうちから「自分が本当にやりたいことはなんぞや」と考えるチャンスを与える。

 現在の就職活動は期間が短く、少ない情報で志望先を決めなければならない。業務内容を理解せずに入社した学生と企業のミスマッチが起こることも多いとか。

 こーなると学生側も企業側も悲劇的。「就職活動に関する様々な問題の解決も目指しているんです!」と担当者。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ