人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.27

加湿、除菌だけじゃない!ユーザーの声から生まれたカドーの加湿器『STEM 620』の隠し技

 東京砂漠とは都会民の人間関係の希薄さを表す比喩でありますが、どうやら冬場の東京はサハラ砂漠よりも乾燥しているらしいです。まさに読んで字の如く。

 夏場には異常なほどあった湿度が消えるわけですが、それはそれで困るもの。そこで空気清浄機製造・販売に力を注ぐ会社、カドーは、一年中活躍する加湿器「STEM(ステム)620」を今秋発表。その魅力を探って参りました。

【一年中使える加湿器は他製品とどう違う?!】

 空気清浄機と聞いて思い浮かぶメーカーはどこでしょうか。割とベタな社名が浮かぶと思いますが、正直カドーは私の中では初耳でありました。

 カドーが第一弾の加湿器を発表したのは2013年のこと。まだ若いメーカーですが、見た目の進化ではなく深い部分の機能・性能を変えていく“深化”をモットーにしているのだとか。

 さて、今回で4世代目となる「STEM 620」。除菌・加湿は大前提として、ユニークな他社製品との違いを見てみましょう。

■ポイント1:ホワイト・ダストを大幅カットできる!

 水道水に含まれるカルシウム成分が粉塵となって撒き散らされる、あれです。

 STEM620に搭載されているフィルターカートリッジが原因のカルシウム成分を99%以上除去する事により、ホワイト・ダストを防げるように。もう黒色家電やキーボードに付着した微細粉塵に泣かされる事はなくなります。

■ポイント2:メンテナンス(お手入れ)が楽っ!

 従来の加湿器はお手入れに手間暇がかかり、世話の焼ける製品が多くありました。その面倒を払拭すべく、STEM620では角を取っ払ったようです。

 コンセプトは「人差し指一本で綺麗に!」とのこと。確かに、緩やかな局面は拭きやすい!

 表面には特殊なアルミプレートを採用することで、本体自体の除菌効果を実現。

 また、ケーブルを脱着可能にする事で、メンテナンスする際の移動を安易化。加湿器は汚れる!というレッテルを覆す仕様になっています。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ