人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.26

BMWが部分的自動運転に対応した新型『X3』を発売

ビー・エム・ダブリューは、プレミアム・ミドル・クラスSAVとなる新型BMW『X3』の受注を全国のBMW正規ディーラーにて開始。12月より納車を開始する。

新型『X3』は、Xモデルのスタイルを維持しながらも外装を一新。よりスポーティでダイナミックなスタイルとなった。表情に立体感を与える大型化したキドニーグリルや、サイド・ボディに新たに採用された存在感あるエア・ブリーザー、滑らかなシルエットのルーフが組み合わさることで、洗練され、アグレッシブかつ大胆なデザインに仕上がっている。

内装は、Xモデルのアクティブな個性を主張しつつ、よりモダンでラグジュアリーな仕様になった。また、クローム加飾を効果的に採用し、リヤ・ドア・パネルやセンター・コンソール等に「X」や「X3」のエンボス加工を施すことで、Xモデルの個性を主張している。

そして50:50の理想的な前後重量配分および、フロントのダブル・ジョイント・スプリング・ストラット・アクスルと5リンク・アクスルの定評あるサスペンション・コンセプト、及び初代『X3』以来採用されているインテリジェント四輪駆動システムxDriveによって高い運動性能を実現。これにより、悪路においても安定した走行を可能とし、SAVとしてのスポーティさ、ダイナミックな走行性能と、快適性や安全性を高次元で兼ね備えたモデルとなった。

装備面でも、音声認識やタッチ・スクリーンが搭載された最新のiDriveナビゲーション・システムや、BMWが提供する総合テレマティクス・サービスであるBMWコネクテッド・ドライブ、最先端の部分自動運転機能や安全機能・運転支援機能が搭載されたドライビング・アシスト・プラスが標準装備される。

モデル・ラインアップには、2.0L直列4気筒BMWツインパワー・ガソリン・ターボ・エンジンと2.0L直列4気筒BMWツインパワー・ディーゼル・ターボ・エンジンを搭載した2モデルを設定した。さらに、それぞれのエンジンに対して、Xモデルのラグジュアリーかつスタイリッシュな側面を主張する「xLine」、スポーティな面をデザインとドライビングの両面で主張する「M Sport」を設定することで、幅広い個性とニーズに応えるモデル・ラインアップとなっている。

新型『X3』に搭載された、ドライビング・アシスト・プラスは、BMW最新の安全機能・運転支援システムになる。ルーム・ミラー内にステレオ・カメラを内蔵し、さらに、ミリ波レーダー・センサーを前方に3基、後方に2基装備することにより、日常走行域での急停止や飛び出し等を瞬時に判断し警告すると共に、夜間や悪天候下でも安定して検知し警告し、安全をサポートしている。また、高速走行時や渋滞時に安定した走行を継続しやすいようにサポートする機能も装備され、安全性と利便性を向上させている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ