人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.24

いくつわかる?辞書を引かずにはいられない難解な言葉たち

10月16日は、アメリカの辞書製作者ノア・ウェブスターの生誕記念日であることから、“辞書の日”として制定されている。ウェブリオが以前、この“辞書の日”をきっかけに辞書の利用促進と重要性を訴求する目的で、10~60代の男女483名を対象に「“解読難解なワード”に関する調査」を実施したところ、以下のようなユニークな結果が現われた。

TOPICS1.”辞書の利用実態”について

8割以上が日常的に辞書を利用。辞書別では「オンライン辞書」が毎日利用する頻度が最も高い結果に。

“解読難解なワード”に関する調査

全国の10代~60代男女483名に対して、辞書の利用実態を調査。日頃、辞書を使用する機会の有無を伺ったところ、 「利用する機会がある」 と8割以上(85.5%)が回答した。また、「紙の辞書」、「電子辞書」、「オンライン辞書」の各辞書の利用頻度では、毎日利用する辞書の割合を見ると、パソコンやスマートフォンによるアクセスで、いつでもどこでも利用できる「オンライン辞書」を半数以上(54.5%)が回答し第1位に。次いで、電子辞書(18.5%)、紙辞書(6.2%)という結果になった。

“解読難解なワード”に関する調査

また、分からない言葉に出会った際の辞書の利用意向を伺ったところ、調査対象者473名、97.9%と回答者のほぼ全員が、辞書を使って意味を調べたいという意向があることが判明した。

TOPICS2.解読難解なワードランキング~野菜編~

第1位「陸蓮根(オクラ)」第2位「芽花椰菜(ブロッコリー)」第3位「花椰菜(カリフラワー)」

“解読難解なワード”に関する調査

「解読難解なワード~野菜編~」として、読みや意味を知って驚いたワードを調べたところ、第1位「陸蓮根(オクラ)」(67.3%)に。次いで、第2位「芽花椰菜(ブロッコリー)」(50.7%)、第3位「花椰菜(カリフラワー)」(44.5%)という結果になった。

TOPICS3.解読難解なワードランキング~動物編~

第1位「樹懶(ナマケモノ)」第2位「羚羊(カモシカ)」第3位「鼈(スッポン)」

“解読難解なワード”に関する調査

「解読難解なワード~動物編~」として、読みや意味を知って驚いたワードを調べたところ、 第1位「樹懶(ナマケモノ)」(66.7%)に。次いで、第2位「羚羊(カモシカ)」(48.0%)、第3位「鼈(スッポン)」(46.6%)という結果になった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ