人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ライドシェア、民泊、フリマ、シェアリングエコノミーはどこまで進む?

2017.10.24

◆シェアリングサービスについて

〇利用者の3人に1人は月に1回以上シェアリングサービスを利用、特に地方の専業主婦は5割以上が月に1回以上利用。
〇シェアリングサービスの満足度は84%、男性は若いほど満足度が高い。また、利用者の44%は既存のサービスよりシェアリングサービスの方が質が高いと回答。
〇その反面、個人間トラブルや個人情報漏洩などに対して不安を抱えながら利用しており、特に主婦や地方在住者ほど不安が大きい。
〇シェアリングサービスを本業で使いたい人は利用者の47%に達するが、トラブルへの懸念のほか、社内制度で許可されていないことが普及の障壁となっている。

〇シェアリングサービスを提供する場合、利用者の45%が月に5万円以上、21%が月に10万円以上の収入を期待、年齢が高いほど収入以外のインセンティブを求める傾向がある。
〇提供したいシェアリングサービスは男女ともに「モノ」が1位、男性は「移動手段、特技・スキル」、女性は「家事、特技・スキル」が続く。特に首都圏では「特技・スキル」が高い傾向にある。

◆スキルシェアについて

〇スキルシェアの認知は若い世代で働いている層が高く、認知層における利用率では高齢者や主婦が高い傾向にある。
〇スキルシェアについてもシェアリングサービス全体の傾向と同じく、地方の主婦が最も利用頻度が高く、利用者の56%が月に1回以上利用。
〇提供したいスキルは、男性が「旅行、ITスキル、家具組み立て、資料作成、デザイン」、女性が「買い物、託児・育児、子育て、料理、掃除」が上位にランクイン。

〇スキルシェア提供者のうち男性の2人に1人は月収5万円以上、主婦の9割が月収5万円未満。
〇スキルシェアを提供する理由は、男性は「自由に使えるお金を稼ぎたい」、女性は「時間と場所にとらわれない働き方をしたい」。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。