人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.22

【東京モーターショー2017】ヤマハは『MOTOROiD』や『MOTOBOT Ver.2』 など20モデルを出展

ヤマハ発動機は10月27日~11月5日の期間(27日はプレビューデー)、東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」に、[YAMAHA FUTURE GARAGE 響きあう未来へ。] をテーマとする展示ブースを出展する。

ヤマハブース(東7ホール)では、世界初披露のワールドプレミア6モデル、日本初披露のジャパンプレミア4モデルを含む電動アシスト自転車、スクーター、モーターサイクル、リーニング・マルチ・ホイール(LMW)、四輪車のデザインコンセプトモデルなど合わせて20モデルを展示。「人とマシンが共響(きょうめい)するパーソナルモビリティ」の概念検証実験機や、ヒト型自律ライディングロボットの技術展示など、小型モビリティを基幹事業とするヤマハならではの「もっとひろがるモビリティの世界」を提案していく。

主な出展モデルの概要
MOTOROiD モトロイド(参考出展車)

MOTOROiD

新しい感動体験の創出を目的に、知能化技術というインテリジェンスを用いて、「人とマシンが共響するパーソナルモビリティ」を目指す概念検証実験機だ。開発コンセプトは、「UNLEASHED PROTOTYPE(常識からの解放)」。オーナーの存在を認識するなどまるで生きているようなインタラクション(相互作用)機能を持ち、こうしたチャレンジに取り組みながら、新しい価値を生み出す技術の獲得を目指しています。

「モトボットバージョン2(技術展示)

MOTOBOT Ver.2 モトボットバージョン2

モーターサイクル技術とロボティクス技術を融合し、未知の領域を開拓する自律ライディングロボットだ。車両そのものには手を入れず、ヒト側から見た車両操作にフォーカスし、高速でのサーキット走行を可能にした。2017年の開発マイルストーンとして設定したのは、「200㎞/h以上でのサーキット走行」と、MotoGPのトップライダー、バレンティーノ・ロッシ選手とのバトル。MOTOBOTの開発で得た高度な要素技術や知見は、既存ビジネスの新たな価値創造や、新規ビジネスの開拓に活かされる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ