人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.21

ハロウィンに行きたい世界最恐スポット5選

秋を彩るイベントとして定着してきた10月31日のハロウィン。世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパンでは、世界のハロウィン最恐スポットを紹介している。日本とは別次元のハロウィン体験を楽しめそうだ。


ドラキュラの城(ルーマニア・トランシルヴァニア)

ドラキュラの城(ルーマニア・トランシルヴァニア)

ドラキュラの城のモデルとされているブラン城。残虐な処刑や政治をおこなったことから「串刺し王」という異名を持っていたウラド3世は「ドラキュラ」のモデルとなった人物で、この城に住んでいたという伝説があります。この城は観光スポットとして有名だが、内部は迷路のように複雑。ドラキュラの城を探検する時はドラキュラに襲われないように…。

カタコンベ(フランス・パリ)

カタコンベ(フランス・パリ)

花の都パリにもおどろおどろしいハロウィンスポットが。パリ市内にある世界最大の地下墓地であるカタコンベには約600万人以上の遺骨が納骨されている。壁にずらりと骸骨が並ぶカタコンベの入り口には「止まれ!ここは死の帝国である」という文言が。ダークな観光スポットとしてハロウィンの季節にピッタリだ。

地下通路(スコットランド・エディンバラ)

地下通路(スコットランド・エディンバラ)

スコットランドのいわくつきの地下通路、ブレア・ストリート・ヴォールトは、かつては身分の低い人々が暮らしていた場所。中世には殺人鬼によって殺された死体が多数置かれており、その後数々の心霊現象が記録されるなど、ヨーロッパでも有数の心霊スポットでもある。通路内を歩く体験ツアーに参加すれば、幽霊と出会えるかも。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ