みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >関東で最も子育てがしやすい県はどこ?

関東で最も子育てがしやすい県はどこ?(2017.10.20)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育てのために引っ越しを考えたことはあるだろうか。今回、ミキハウスブランドのベビー&子ども服およびベビー用品の企画・販売を手掛ける三起商行は、「ミキハウス ベビークラブ」会員による<都道府県別 パパ・ママ目線による子育て満足度調査~関東編~>(回答者1865名)の調査結果を「出産準備サイト」にて発表した。

■評価のポイント

子育て支援:子育て支援のための施設、保育所、幼稚園などは足りているか。/自治体が独自でやっている出産・子育て・小児医療に関する手当金に満足しているか。/自治体が独自で行っている子育て支援(お金以外のサービス)に満足しているか。

医療体制:近くに頼りになる産婦人科や小児科があるか。/休日や夜間に子どもが病気になっても対応してくれる病院やクリニック、診療所などがあるか。

遊び場:家族で出かけやすい施設などはあるか。/子どもを遊ばせられる施設や場所があるか。/小さな子ども連れがでかけやすいまちづくりになっているか。

コミュニティ:家族を含め、近くに子育てや生活の相談に乗ってくれたりサポートしてくれる人はいるか。/地域に住む方々は子ども・子ども連れにやさしく接してくれるか。/素直に子どもを育てていきたいと思える地域か。

教育:小さな子どもでも通えるようなお稽古ごと、教室などはあるか。/地域の公立小中学校の教育について、満足しているか。/総じて教育に関して熱心な地域といえるか。

治安、安心・安全:住んでいる地域の治安について不安はあるか。/家の近所や生活圏内で、子どもが(自動車や自転車と)交通事故にあう危険を感じるか。

自然環境:日常的に子どもを自然に触れさせやすい環境が整っているか。/公害や大気汚染などの心配は少ないか。/総じて自然豊かな地域に住んでいるという実感があるか。

金銭面:満足のいく雇用がある、ないしは他エリアの職場に通いやすいか。/地域の物価(住宅や子育てにかかる費用)は適切な水準か。/地域の物価に対して、世帯年収は十分といえるか。

1 2 3 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。