人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.19

レンタカー利用のきっかけ、6割が「オンライン予約がしやすくなったから」

民間の調査機関の発表によれば、2016 年度のレンタカー企業の総収入は過去10年間で最高額を突破するなど、日本国内の旅行者のレンタカー利用が増加していると言われている。一方個人需要の増加をけん引する要因のひとつとして、外国人旅行者による利用増加が注目されているが、日本人旅行者の間でもレンタカーを気軽に利用する傾向がみられるようだ。そこで、 スカイスキャナーで は、国内旅行でのレンタカーの利用増加の実態や傾向を明らかにするため、独自調査を実施。その結果を公表した。

国内旅行でのレンタカーの利用増加の実態

レンタカー利用者に国内旅行での移動手段を聞いたところ、目的地までの移動手段として利用する人は 53.8%、目的地での移動手段が 70.5%という結果となり、レンタカー利用は目的地での移動手段として選ぶ人が多いようだ。男女別では女性がやや高めの傾向、年代別では 20 代・30 代よりは40 代・50 代の人が高めの傾向が見られた。また、最も頻度の高い移動手段をプライベート・仕事別で聞いたところ、レンタカーの回答率が最も高かったのは「プライベート旅行」で「目的地での移動手段」(39.8%)だった。ちなみにレンタカーのピックアップ場所は、9割以上が「目的地の駅や到着した空港、その周辺」と回答した。

国内旅行でのレンタカーの利用増加の実態

レンタカーをどのタイミングで予約するか聞いたところ、52.3%が「航空券や鉄道のチケットを予約するのと同じタイミングで事前予約する(パッケージ含)」、次いで37.8%が「チケット予約と同じタイミングではないが、事前に予約する」で、93.7%が 旅行当日を含め事前予約していることがわかった。また、事前に予約すると回答した人に、最も頻度の多い予約方法を 聞いたところ、42.4%が「旅行代理店の予約サイト」でトップ、次いで「レンタカー会社予約サイト」(33.6%)となっており、予約アプリ含め 7 割以上がデジタル予約していた。なお、レンタカー予約アプリを利用している人は、「ほとんど毎回」「半分以上」「たまに」まで含め 36.2%で、まだまだ普及率は低いようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。